場所
サポート方法
カテゴリー
開催日
場所
テーマ

段上はり灸整骨院だんじょうはりきゅうせいこついん

News1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせNews1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせ

  • 2019.11.07~ギックリ背中警戒警報~

    朝晩の寒さがキツくなり、ギックリ背中が急増中。

    腕を伸ばして上に置いてある物を取ろうとした時などに「 ウッ!! 」と、息が出来ないぐらいの激痛が走るやっかいなこの症状。ギックリ腰ならぬ「 ギックリ背中 」とも呼ばれたりします。

    11月から年末にかけて、年明けすぐ辺りもこの痛みを訴える方が多くなってまいります。

    この「 ギックリ背中 」はギックリ腰や寝違えと同じように「 疲労が蓄積すること 」により起こります。

    長時間の同姿勢、姿勢の悪さ、血行不良や冷え、ストレスなどによって疲労が蓄積することで、皮膚や筋肉が硬くなってしまうんですね。

    そういう状態になると、柔軟性が落ち、伸び縮みする動きに耐えられなくなり、繊維を痛めてしまうんです。

    なられた方はわかると思いますが、身動きもとれなくなりますし、呼吸に関わる筋肉もあったりするので「 息が吸いづらい 」などの症状を伴うことも多いです。

    なので「 ならないように心掛けること 」が何より大切です。

    柔軟性は温めることで保たれるので、湯船にしっかり浸かる、寝る前にお灸を据える、ストレッチをするなどで対策が出来ます。

    2月辺りまで多発するのでお気をつけ下さいね^^

  • 2019.08.06頑張り過ぎても、また頑張ってしまう方へ

    「 頑張り過ぎて疲れても、ついついまた頑張っちゃう方 」って非常に多いんですよね。

    お仕事でも、育児でも、妊活でも。

    そういう方は心が優しく、相手に気を遣える方。相手に気を遣える分、自分を後回しにして無理をしてしまう。

    疲れを感じた時に「 今回はもうやめておこう 」と思っても、また同じ状況になった時にやっぱり同様に頑張ってしまう。すごく優しいんです。

    会社やお店、家庭で見れば、素晴らしい人材。

    身を粉にして頑張ってくれるわけですから。だからこそ頼りにされる。だけど「 お身体を中心に据えて 」考えたら、それって決して良いことはないですよね。

    それでも頑張っちゃう性格の方なのでせめて「 頑張った結果( カラダの疲れや張り )を見せに来て、その疲れた分のエネルギーをチャージしてあげて下さい 」。

    車が動くにはガソリンが必要。走り続けたらそれが足りなくなって動かなくなってしまう。だからこそ定期的にガソリンを注入するのは人間も同じ。

    頑張り続けると必ずいつか歪( ひず )みが生じるので、そうなる前に適度に息抜きをして適度に肩の力を抜いてもっともっと仕事や育児、妊活を楽しく過ごして下さいね^^

  • 2019.05.07自律神経症状( 頭痛・不眠 )を訴える方へ

    自律神経症状には「 リラックスのしすぎ 」「 頑張りすぎ 」の2つのタイプに分かれます。

    施術に来られる方のほとんどが後者の方。

    「 今日はよー頑張った!いつもより高いビールを飲んで寝よう! 」という自分を肯定してあげられる方は疲れを溜めにくい方。

    「 オフ 」を作ってあげるとカラダはもっと楽になって、またより頑張ることが出来ます。

    ボクはよく「 何が好きですか? 」「 今一番したいことは何ですか? 」と質問をします。

    そうすると大体の方が「 旅行をするのが好きだった 」「 ショッピングに行きたい 」「 美味しい物巡りをしたい 」と話して下さいます。

    「 やりたいこと 」を環境や状況によって「 やってはいけないこと 」に押さえつけちゃっているんです。

    我慢はストレスなんで、リラックスではなく緊張。スイッチは「 オン 」の状態に入りますよね。

    良くなるための第一のステップは薬を飲むことでも、鍼灸治療を受けることでもありません。やりたいことをやることです。

    それが出来れば楽しい体験も手に入りますし、気持ちも楽になってカラダも元気になります。

    騙されたと思って、自分のやりたいことを優先してみて下さいね♪

  • 2019.01.30腰痛・ギックリ腰予防で、大切な2つのこと。

    こんにちは!城東区で自律神経とホルモンバランスの乱れを調整する鍼灸師のだんじょーです^^

    気温差が激しくなる季節は、自律神経やホルモンバランスを乱しやすいのですが、それと同時にギックリ腰も起こりやすくなります。

    一度なってしまうと顔を洗うのも、靴下を履くのも、下に落ちた物を拾うのも大変になってしまうので、何よりも大切なのは「 ならないように予防すること 」です。

    そのために「 セルフお灸 」が大切なのは言うまでもないですが、他に大切なことが2点あります。

    ◆腰痛・ギックリ腰予防に大切な2つのこと

    1.湯船に浸かること

    2.背中を丸めないこと

    もうこれだけです。

    筋肉が冷えたり、疲れたりして硬くなると「 痛めやすくなる 」ので、とにかく温めておくことが大事。

    日常で「 温めること 」を手軽に出来るのがお風呂。水道・ガス代が勿体ないという方も多いですが、痛めて動けなくなることを考えれば安い投資だと思います^^

    短い時間でもいいので、出来るだけ浸かる癖をつけて下さいね♪

    あとは「前にかがむ」時に、一度姿勢を正してから、その状態のまま前に倒して下さい。

    背すじをピンと真っすぐするだけで、リスクをかなり減少出来ますよ♪

Profile 当院の基本情報Profile 当院の基本情報

鍼灸院名

段上はり灸整骨院

せんねん灸セルフケアサポーター

段上 功だんじょう いさお

だんじり祭と野球、カフェが好きな鍼灸師。
4年間無給で弟子入りし、本格的な鍼灸治療を学ぶ。
お世話になった方々に少しでも恩返しをしたいと想い、2012年に生まれ育った町・鴫野で鍼灸院を開業。
鍼灸師として働く傍ら、365日毎日SNSやブログにて積極的に情報を発信。「 鍼灸師 ブログ 」でGoogle検索すると日本で一番上位に表示。産後ママ・こどもさん向け、500人規模のイベントの企画・運営もおこなっています。

鍼灸院名 段上はり灸整骨院
(だんじょうはりきゅうせいこついん)
住所 〒536-0013  大阪府大阪市城東区鴫野東3-31-14
Google マップで見る
アクセス JR学研都市線 鴫野駅
JR今里筋線 鴫野駅
TEL 06-6967-5544
営業時間 9:00~19:30
定休日 日・祝日( 平日と振替えで開けている場合もあります )
ご予約 06-6967-5544
フォームで予約
オリジナルサイトで予約
メールアドレス dan.hari9.isao@gmail.com
ホームページ http://dan-hari9.net/
ブログ http://dan-hari9.net/blog/
SNS