• せんねん灸セルフケアサポーター(鍼灸師)を探す
  • お灸教室を探す
  • せんねん灸セルフケアサポーター(鍼灸師)を探す
  • お灸教室を探す
場所
サポート方法
カテゴリー
開催日
場所
テーマ

癒し処癒月(ゆうげつ)鍼灸マッサージ院いやしどころゆうげつしんきゅうまっさーじいん

  • せんねん灸セルフケアサポーター徳永 潤子
    • 東京都

News1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせNews1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせ

  • 2022.12.01お灸で想いを伝えましょ^_^

    せんねん灸は自分を慈しみ自分をケアできる大切な道具です。

    そしてまた、大切な家族にしてあげられる、という良さもあります。

    自分ではできない背中や腰、ちょっと怖い肩。

    そんな時は家族同士でやってみませんか?

    親子でも夫婦でも、実は背中をまじまじと見る機会は少ないかもしれません。

    直接見て触ることで、毎日一緒にいてもわからなかったお互いの疲れや、ご自身すら気づかなかった不調に気づけることも。

    マッサージだと相手も疲れてしまいそうで頼みにくいけれど、お灸ならツボを探して火をつけて置くだけ。お願いハードルも低いですよね。

    お灸の心地よさとともに想いやりも伝えられる家族お灸、ぜひ試してみてくださいね。

    もちろん、事故が決して起こらないよう、TVやスマホに夢中になるのは厳禁ですよ!

  • 2022.08.31気温差も夏バテもお灸で乗り越えよう!

    とにかく暑い日々から突然の涼しさ。なのにまた34度〜?

    マスク疲れ、コロナ疲れに加え、またもこの温度変化の嵐が我々を傷めつける時期になってきました。

    一般的に温度が下がると楽になる気がしますが、実は腰痛や寝違えが起きるのはこんな時期。「変化」は私たちの体に実はとっても負担なのです。

    というわけで。

    みなさん、お灸の出番ですよ!

    なんとなく足首がスースーする。体はまだ暑いのに足を触ったら冷たい?こんな時は「崑崙」と「太谿」の二点セットがおすすめ。

    あとは肘のポイント行きましょう。冷え対策と肩こり対策をセットでしたいので、私のおススメは「曲池」と「清冷淵」!

    「清冷淵」は本来こもった熱を冷やしてくれるツボと言われていますが、私は温冷の調整効果があると感じています。

    突然のアレルギー性鼻炎などの時にはこのツボに熱めのお灸で著効を示すことも。

    自分でケアしやすいのでお灸がない時はしっかり保温するだけでも良いですよ。

    そして全身の疲労回復と腰痛予防には「腎兪」もしくは「大腸兪」そして風邪防止に「大椎」に「太陽」をペタっと!

    ツボは多少ずれても効果大!自分の心地よいところを探して貼るのが自己治療。ぜひ試してくださいね。

  • 2022.06.15奇跡の人・・・

    こんにちは。いよいよ梅雨本番ですね。冬場は大事な湿度も、過ぎれば体に負担となります。なんとなくだるい時もお灸の力を借りて乗り切りましょう。

    今日のオススメはせんねん灸の奇跡です。

    奇跡はちょっとお高いですがその分持続時間が長いので、足の冷えなどなかなかお灸の温度を感じにくい時にぴったり。

    顔はほてるのに足はむくんで…なんていう時は、片足を腿の上に乗せて開いて三陰交にお灸、そして足裏を満遍なく揉んであげましょう。奇跡の燃焼時間くらいマッサージしてあげるとしっかり刺激ができますよ。

    熱くなってきたときすぐ捨てちゃうのはちょっともったいないので、しっかり側面を指でホールドしてゆっくり回して外したら、ほんのすこし位置をずらしてあげるとまた心地よく使えます。

    奇跡は匂いが出ないのが最高ですが、灰が落ちやすいので気をつけましょう。もちろんやけどにも十分注意してください。

    暑さと湿度にダメージを感じやすい季節も、セルフケアできることがあれば心強いですね。皆さんも「奇跡の人」になってみませんか?

  • 2022.03.16季節の変わり目に・・・

    さあ、いよいよ春到来!

    でも花粉症の方や温度変化に敏感な方にはちょっと辛い季節でもありますよね。私もそうなんです。

    そんな時の気軽な自己防衛にもぜひお灸を使ってみましょう。

    寝る前にお腹を出してももうそんなに寒くないですから、寝る前にお腹のツボにお灸。免疫系の暴走モードを抑えてあげるイメージで、還元、中脘、余裕があれば天枢もぜひ。

    ベッドサイドにお灸の準備をしておいて、朝早く起きられたら、これを朝にもやってみましょう。

    お灸している間に手足の指を動かしておくと、その後スッキリ起きやすくなりますよ途中で寝落ちしないよう気をつけて!!

  • 2021.12.14長引く魚の目、お灸も試してみてください!

    意外とみんなが悩んでいる足の裏トラブル。魚の目やタコで痛い思いをしていませんか?

    魚の目やタコができる原因は様々。でも、今痛いその辛さ、自分でできること増やしたいですよね。

    私は魚の目は何度もお灸に助けられています。

    一番効果がある!と私が思っているのは焦灼灸。簡単にいうと魚の目の芯を焼き切るお灸です。「焼き切るなんてこわー!」って思ってしまいそうですが、足の裏はもともと感覚が鈍く、特に芯のある魚の目の真上はほとんど感覚がないかも?

    やり方は昔ながらのもぐさとお線香がオススメ。

    クリームやお水をちょこっとだけ魚の目の芯につけて、ぎゅっとひねって米粒大にしたもぐさを乗せ、お線香で火をつけて焼き切ります。これを何度も繰り返すとその場所が硬くなり、さらに続けるとぽろっと芯が取れやすくなります。詳しいやり方は我々に相談してくださいね。

    魚の目でなら、ハードルの高い直接灸(もぐさを直接皮膚に乗せる方法)デビューもできちゃうかも?

    それは怖い…とか、面倒かな?という方はせんねん灸を乗せてみましょ。しっかり毎日繰り返せば十分効果を期待できますよ!

    足裏のお手入れにもお灸を取り入れて、元気に毎日歩きましょう♪

Profile 当院の基本情報Profile 当院の基本情報

鍼灸院名

癒し処癒月(ゆうげつ)鍼灸マッサージ院

せんねん灸セルフケアサポーター

徳永 潤子とくなが じゅんこ

新宿より徒歩三分の小さな小さなワンルームにて、夫婦で癒し処を営んでおります。

「自分でできる」「大切な人にできる」
とても手軽にできるセルフケア【お灸】をもっと身近に感じて欲しい、もっと広まってほしいという願いから、お灸教室をライフワークの一つにしたいと思っております。

※大変恐れ入りますが、現時点ではお灸教室へのご参加は紹介の方のみの受け付けとさせていただいております。

鍼灸院名 癒し処癒月(ゆうげつ)鍼灸マッサージ院
(いやしどころゆうげつしんきゅうまっさーじいん)
住所 東京都