• せんねん灸セルフケアサポーター(鍼灸師)を探す
  • お灸教室を探す
  • せんねん灸セルフケアサポーター(鍼灸師)を探す
  • お灸教室を探す
場所
サポート方法
カテゴリー
開催日
場所
テーマ

女性臨床鍼灸 ならまち月燈じょせいりんしょうしんきゅうならまちつきのあかり

  • せんねん灸セルフケアサポーター福田 真奈美
    • 近鉄奈良駅より徒歩7 分
      JR奈良駅より徒歩15分
    • 奈良県奈良市南市町8-1古古古屋二階
    • カテゴリー シニア/妊活/肩こり/腰痛/ひざ痛/冷え/しびれ/目の疲れ/不眠/むくみ/不妊/女性専用
  • 完全に守られたプライベート空間です
  • こちらでまず詳しくカウンセリングをします
  • おうちでのセルフケアも楽しく!

News1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせNews1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせ

  • 2022.05.09ゴールデンウイークが終わると

    例年、長いお休みが終わると、なぜか疲れた~とご来院になることが多いです。

    特に今年のゴールデンウィークは、久しぶりに色々な制約が解かれて、ご家族の予定も増え、遠方へのお出かけもしてみた方が多いかもしれません。

    主婦業は当然お休みにはなりませんし、ルーティン以外のお仕事がかえって増えて、へとへとになってしまう・・ということは真面目な女性あるあるです。

    セルフケアも邪魔くさい!という時には、ぜひプロの手を借りてください。

    ツボ一つとっても色々な解釈がありますし、背中や腰のお灸はプロにお体をゆだねてこその気持ちよさがあります。

    自分だけのための時間を取り戻しに鍼灸院にいらっしゃいませんか?

    4人の女性鍼灸師が曜日担当として心よりお待ち申し上げております。

  • 2022.05.09春の症状

    暑さ寒さも彼岸までとはよく言われることですが、暖かくなったと思えば寒くなり、雨も風もめまぐるしい季節です。

    春は氣が上に上がりやすい季節ですが、ただでさえ氣が上に上がりっぱなしの現代人には過ごしにくい時期でしょう。

    患者さんの主訴も、花粉症や鼻血、めまい、立ちくらみといった首から上の症状が増えてきました。

    東洋医学でいう、氣の病は現代では自律神経失調症と重なる症状が多いです。自分ではコントロールできないものに、体調は大きく左右されます。

    上がった氣を下げるために、この時期は膝から下のツボを施灸ポイントを選ぶことが多いです。

    ただ、同じような症状を訴える方でも、それぞれ証、体質や体癖は違うので、選ぶツボも変わります。

    ご自分で一番わかりやすいのは足の冷え方です。

    冷え症だという自覚がある方は多いですが、小指側、親指側、足指は冷えていないけれども膝が冷えているなど、実は冷え方は様々です。

    冷えているところは間違いなく血行不良なので、冷えている経絡に施灸するというのは一番簡単な施灸ポイントです。

    ご自分の身体をいたわり、触り、施灸するというのはとても氣の休まる行為です。

    どうぞご一緒に効くツボを探しましょう。

  • 2021.10.0710月に入ってからの残暑

    今年は猛暑予報が外れ、夏の長雨や日照不足という最近の傾向とは違う夏でした。

    9月に入ってすぐ涼しく秋らしい日々が続いたのも束の間、ここ奈良では10月に入ってから蒸し暑い日が続いています。

    本来なら、秋は乾燥、燥邪に備えなければならないのに、湿度が高く、またそろそろ温かい飲み物を摂る時期なのに、いつまでも冷飲食を続けているために、おからだが冷えている患者さんが多いです。

    とくに当院は女性専用なので、いらっしゃる方はまず冷えていると思って間違いないです。

    そして、お顔はのぼせている。

    そんな時こそお灸。

    シャワーだけで済ませていて、湯船につかるのも面倒・・と仰る方にもお灸セルフケアの時間を寝る前の15分だけ確保していただきます。

    ご自分のお身体に意識を向けていただき、力が入ったままになってないかなぁ・・今日もよく頑張ったなぁ・・と触れていただく。

    そのお灸セルフケアの時間が自分を養う養生の時間となって、明日への力を生み出します。

    ご自分を愛おしむ時間、大切にしてください。

  • 2021.06.21梅雨に辛い症状

    湿邪という言葉は、東洋医学特有の用語ですがだいぶメジャーな言葉になってきました。

    当院の患者さんからも日常的に、湿邪にやられてしまって・・なんて言葉を聞くようになりました。

    それだけ、低気圧痛や天気痛、気象病ということに敏感な方が増えているのでしょう。

    もともと、日本という国が湿潤な気候ゆえ、湿気には敏感です。

    水はけがよいということが、湿気の多い場所では必須ですが、身体にも同じことが言えます。

    身体にとって水はけをよくするとはなにか?

    この時期関節がこわばったり、痛んだり、下肢がむくむ・・というような訴えがとても多いです。

    そんな時こそ、お灸の出番です。

    お灸で水はけをよくする方法があります。

    どうぞ、お近くのセルフケアサポーターの先生に相談してみてください。

    あなたにぴったりの水はけをよくするツボを教えてくださるはずです。

  • 2020.12.01貼るお灸太陽の贅沢づかい

    朝晩、冷える日が多くなってきましたね。

    いよいよお灸の温かさが、こころに沁みる時期になってきました。

    先日某大リーガーのTwitterが話題になっていましたね。

    貼るお灸せんねん灸太陽がなければ、先発できないんだそうです。

    一度に右ひじ、前腕、首肩にペタペタ約20個貼るそうで、さすが大リーガー、太っ腹、売切れたら困るので、10箱(6000個)のストックをしているそうです。

    数はもちろん、トップアスリートのことなので、けた違いですが、使い方は見習いたいと思います。

    これから、寒い朝がやってきます。

    冷えた筋肉を急に動かすと、ぴきっとなることありませんか?

    朝起きたらぎっくり腰で動けません~と、SOSがかかってくるのも冬が多いです。

    朝、目が覚めたら、ぬくぬくのおふとんの中で、ゆっくり太陽を貼りましょう。

    ツボは腎兪や肩井がおススメです。

    そして、ゆっくりと全身に血流がいきわたっていくのを実感しながら、朝のご用意が始められたら、優雅な気持ちで一日のスタートが切れそうですね。

    私も「太陽」が大好きなので、院内販売しています。

    お気軽にセルフケアに取り入れてください。

Profile 当院の基本情報Profile 当院の基本情報

鍼灸院名

女性臨床鍼灸 ならまち月燈

築100年以上たつ古民家の二階にある、完全個室の女性専用の鍼灸院です。
必ず女性鍼灸師が担当しますので、プライベートな女性ならではの相談も不安なくしていただけます。

月経に伴う不調、更年期障害、不妊症、関節リウマチ、アトピー。自律神経失調症など、こころとからだが密接に関係しあう女性ならではのお悩みに寄り添います。

せんねん灸セルフケアサポーター

福田 真奈美ふくだ まなみ

女性鍼灸師による女性のための鍼灸院です。猿沢池にほど近い町家の柔らかくあたたかな空間で、ゆっくりとこころとからだをほどいていくお灸をどうぞ。

鍼灸院名 女性臨床鍼灸 ならまち月燈
(じょせいりんしょうしんきゅうならまちつきのあかり)
住所 〒630-8373  奈良県奈良市南市町8-1古古古屋二階
Google マップで見る
アクセス 近鉄奈良駅より徒歩7 分
JR奈良駅より徒歩15分
TEL 0742-81-7713
営業時間 11:00~18:30
定休日 なし
ご予約 0742-81-7713
フォームで予約
オリジナルサイトで予約
施術内容 はり、お灸、指圧マッサージ
料金 おはじめの二回券 11,000円(二回分)
カテゴリー シニア、妊活、肩こり、腰痛、ひざ痛、冷え、しびれ、目の疲れ、不眠、むくみ、不妊、女性専用
更年期障害
こだわり 完全個室、女性専用、女性スタッフのみ
メールアドレス naramachishinkyu@gmail.com
ホームページ https://www.naranotsuki.com
SNS