• せんねん灸セルフケアサポーター(鍼灸師)を探す
  • お灸教室を探す
  • せんねん灸セルフケアサポーター(鍼灸師)を探す
  • お灸教室を探す
場所
サポート方法
カテゴリー
開催日
場所
テーマ

東京医療福祉専門学校付属治療院とうきょういりょうふくしせんもんがっこうふぞくちりょういん

  • せんねん灸セルフケアサポーター石井 由樹子
    • 東京メトロ日比谷線八丁堀駅A5出口から徒歩3分
      東京メトロ東西線茅場町駅2番出口から徒歩3分
      JR線東京駅八重洲口から徒歩20分
    • 東京都中央区日本橋茅場町3-3-7浅田共同ビル1F
    • カテゴリー シニア/妊活/ビューティー/ランナー/肩こり/腰痛/ひざ痛/冷え/しびれ/目の疲れ/不眠/むくみ/不妊/美容

    ・お問い合わせ03-3668-0850

News1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせNews1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせ

  • 2020.09.07自宅でやってみよう、お灸

    新型コロナウイルスの影響で、鍼灸院に行きたくてもなかなか行きにくいと思っていらっしゃる方もいるかと思います。そこで自宅でセルケアでお灸を試してみようと思う方も増えているようです。しかしなかなか「どこにお灸をしたらよいか」、「ツボの取り方がイマイチよくわからない。」という意見を最近よく耳にします。そこで今回はセルフケアでも簡単にでき万能なツボをここからお伝えします!

    今回のツボは<足三里≪あしさんり≫>です。万能のツボと言われます。松尾芭蕉も「奥の細道」の序文に「笹の緒付かえて、三里の灸するより、松島の月先心かりて…」とあるように旅の合間にお灸をしていたようです。

    胃腸の働きを整え、足の疲れや慢性疾患にも効き、免疫力を上げるとして昔から広く使われていたツボの一つです。夏の暑さで胃腸が弱り気味の時期です。早速この足三里試してみてはいかがでしょうか。

    ①膝のえくぼと足首の真ん中(溝)を結んだ線状を見ます。

    ②膝のお皿の下より指4本分下がったところ。①の線状上に取ります。

    ※1回で温かさがあまり感じないときは、感じるまでやってみてください。片足やったら、もう片方も同じように行ってください。

Profile 当院の基本情報Profile 当院の基本情報

鍼灸院名

東京医療福祉専門学校付属治療院

一人ひとりに合う治療を目指して、当院は灸と鍼のみでなくマッサージも行っております。灸の種類もその時々で変えています。お灸はどんな効果があるのか、またいろいろなお灸を試したい方、お気軽にご相談ください。

せんねん灸セルフケアサポーター

石井 由樹子いしい ゆきこ

東京都中央区八丁堀にある東京医療福祉専門学校付属の治療院です。
当校の職員でもあり卒業生でもあります。
個々人にあった治療法を提供していきます。

ご自宅で出来るセルフケアのためのお灸教室も開催中です。

鍼灸院名 東京医療福祉専門学校付属治療院
(とうきょういりょうふくしせんもんがっこうふぞくちりょういん)
住所 〒103-0025  東京都中央区日本橋茅場町3-3-7浅田共同ビル1F
Google マップで見る
アクセス 東京メトロ日比谷線八丁堀駅A5出口から徒歩3分
東京メトロ東西線茅場町駅2番出口から徒歩3分
JR線東京駅八重洲口から徒歩20分
TEL 03-3668-0850
ご予約 03-3668-0850
施術内容 鍼・灸・マッサージ
料金 1時間:5000円
カテゴリー シニア、妊活、ビューティー、ランナー、肩こり、腰痛、ひざ痛、冷え、しびれ、目の疲れ、不眠、むくみ、不妊、美容
こだわり さまざまな種類のお灸をそろえております
ホームページ https://www.tokyoiryoufukushi.ac.jp/
ブログ http://joyoiryo.sblo.jp/article/179043550.html