場所
サポート方法
カテゴリー
開催日
場所
テーマ

鍼灸師 夜久しんきゅうし やく

  • せんねん灸セルフケアサポーター夜久 暁子
    • JR・山陽垂水駅
    • 兵庫県神戸市垂水区
    • カテゴリー 肩こり/腰痛/ひざ痛/しびれ/目の疲れ/不眠/女性専用

News1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせNews1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせ

  • 2020.09.1540肩になりましたがお灸で治りました

    もともと右肩の固さがあったのが身を結び、

    今年に入って肩の動きが痛みで悪くなってしまっていました。

    冬からのコロナでの自粛生活や夏の間の運動不足もあり、

    体力が落ちてしまって疲れやすくなっていたのを

    お灸でまず元氣になろうと、

    毎日もぐさを捻り出したので

    ついでに肩の痛むツボをお灸していました。

    ツボのある場所はちょうど、

    痛む場所とリンクしていることが多いのです。

    よく使ったツボ

    肩の痛みには

    肺の経絡のツボ:中府、雲門、天府

    大腸の経絡のツボ:肩ぐう

    肩凝りには

    肩井、曲池

    わたしは左手を使ってもぐさを捻っていましたが、

    せんねん灸だと利き手や肩井も楽にできるので

    楽にするならせんねん灸がおすすめです。

    その場合、少し熱さを感じる程度のものがいいと思います。

    一カ所でも楽になると、

    心も前向きになるし体全体の疲れ方も軽くなります。

    40肩、50肩で悩んでいる方は、

    あきらめずに毎日楽になるまで続けてやってみてください。

    それではまた次回へ。

  • 2020.06.08肺を元気にする意外なからだづくり

    新型コロナウィルスが猛威をふるい

    肺の弱い人には特に心配が大きいかと思います。

    肺を丈夫にするためには

    有酸素運動や呼吸法はもちろん大切ですが

    そのほかにも大切なことがあります。

    鍼灸では氣の流れる経路を整えますが、

    肺の経絡の氣の流れは、

    肺だけではないのです。

    まず中脘(ちゅうかん)という

    おへそとみぞおちを結んだお腹の真ん中のツボから始まり

    その後、一旦大腸にむかうのです。

    お腹が良い氣で満たされると、

    その氣が肺に昇ってくるわけです。

    経絡で言うと胃の経絡になりますが、

    天枢(てんすう)というおへその横のツボは

    腸を整え、呼吸を深くします。

    また、姿勢も良くしたり、

    お腹の部分痩せにもおすすめです。

    腸を整えることは免疫力を高めるためにも大切ですから

    ぜひ天枢にお灸をすえてみてください。

    それではまた。

  • 2020.02.18ウィルスに負けないからだづくり

    コロナウィルスの予防に何をしたらいいでしょうか?

    もともとどこか不調のある方は、

    ご自身の生活習慣や食事を見直して

    当たり前のことですが

    特に冬の間は早く寝て、

    しっかりからだを休めることが大事です。

    そして体を温かくすること。

    先日も体温が35℃前半しかない、、、

    という方とお話ししていましたが

    その割に冷え対策をしていなかったり

    野菜不足で糖質に栄養が傾いていて

    からだを冷やす食生活をしていたりします。

    治療の後体の体液循環がよくなり、

    人によっては何度もトイレに行きたくなりますから

    白湯をたくさん飲んでいただくように勧めていますが

    ふだんから白湯を飲むようにしていると

    内臓があたたまり、

    風邪をひきにくくなります。

    そしてからだを動かして肺を活発に使ってあげること。

    汗をかきにくい人は特に冬に腎や膀胱に負担がかかります。

    食べ過ぎや胃痛のある人は

    お腹の中脘と足の三里に

    毎日続けてお灸をしているとよくなりますし

    胃腸の疲れからくる免疫力の低下を防いでくれます。

    この他にも足の三里にお灸することで

    免疫が高まることが分かっています。

    ツボはたくさん試すよりも

    知っている数は少なくてもお灸を続けることで

    からだは変わっていきます。

  • 2019.11.19渡印のお知らせ

    紅葉が美しい季節ですね。

    お灸が気持ち良い時期でもあります。

    かねてより年末年始をインドの僧院で過ごすことが夢でしたが

    今年はそれが実現できることになりました。

    今日は渡印で治療をお休みさせていただくお知らせです。

    12月19日~2020年1月9日まで、

    インドにて修行をしに行かせていただきます。

    ご不便をおかけいたしますがご了承下さいませ。

  • 2019.08.17立秋と満月を過ぎて

    秋の気配を感じる立秋を迎え、

    今年はそのすぐあとに台風と満月があり

    暑さはあっても、

    自然の大気は大きく変わっています。

    健康な人だと、

    からだも秋に向かって変化し

    肺や大腸の臓腑、

    経絡が活発になっていく時期です。

    夏の間にクーラーや冷たい飲み物、食べ物などで

    体を冷やしすぎていると

    咳が出だしたり

    風邪の症状が出ている人もいるかもしれません。

    そんな方は、首の後ろにある「大椎」や

    手首の線、外がわの中央にある「陽池」を使って

    からだに陽気を補い、

    そのうえで肺のツボにお灸をするといいでしょう。

    急な症状には「孔最」、

    のどの痛みや頭痛があるなら「列缺」

    肩凝りや便秘があるなら

    大腸のツボ、「曲池」もおすすめです。

    季節や体調に合わせたお灸を楽しんでみてください。

Profile 当院の基本情報Profile 当院の基本情報

鍼灸院名

鍼灸師 夜久

せんねん灸セルフケアサポーター

夜久 暁子やく あきこ

冷えによる膀胱炎や無排卵をお灸で治しました。ネパールでのお灸のヘルスキャンプを通じて、お灸と人の自然治癒力の力強さを目の当たりにします。不妊やアトピーは症状に悩みだしてからのケアでは遅いと実感したことから、からだをあたため自分で体質改善をするセルフケアとして耳ツボセラピーやお灸のイベントなどを開催しています。からだに眠るあなたのエネルギーを元氣にする方法をお伝えします。

鍼灸院名 鍼灸師 夜久
(しんきゅうし やく)
住所 〒655-0031  兵庫県神戸市垂水区
Google マップで見る
アクセス JR・山陽垂水駅
営業時間 お問い合わせください
定休日 日・祝
ご予約 フォームで予約
施術内容 鍼灸・せいたい(オステオパシー・頭蓋仙骨治療)
料金 初診料3000円治療費5000円
カテゴリー 肩こり、腰痛、ひざ痛、しびれ、目の疲れ、不眠、女性専用
自律神経失調症や不眠もご相談ください
メールアドレス yakuchiryoin@gmail.com
ブログ http://ameblo.jp/akiko-yaku/
SNS