• せんねん灸セルフケアサポーター(鍼灸師)を探す
  • お灸教室を探す
  • せんねん灸セルフケアサポーター(鍼灸師)を探す
  • お灸教室を探す
場所
サポート方法
カテゴリー
開催日
場所
テーマ

クロス鍼灸治療院くろすしんきゅうちりょういん

News1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせNews1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせ

  • 2021.09.15秋のほうろく灸(神戸市兵庫区の西室院)

    クロス鍼灸恒例の秋のほうろく灸のお知らせです。

    ぼけ封じ灸、百会灸ともいわれるお灸を体験してみませんか。

    日本古来よりされている頭にほうろく皿をのせてその上にもぐさを置いてお灸するものです。

    写真は、今年の5月、6月に開催した時のほうろく灸の様子です。

    <神戸市兵庫区にあるお寺で秋のほうろく灸

    ◆開催日:11月 6日(土)13:00~15:00

    ◆定員:20名(先着順)

    ◆内容:法話、ほうろく灸祈祷、茶話会

     茶話会ナシでほうろく灸祈祷のみの参加も可能です

     ほうろく灸のみ参加でも料金は下記料金と同じです

    ◆参加料金:

     大人3,300円(祈禱料3,000円含む)

     子供1,100円(祈禱料1,000円含む)

     高校生まで子供料金です

    ◆会場:西室院

     (兵庫県神戸市兵庫区中道通5-1-3)

  • 2021.07.28夏は三伏天灸

    三伏とは、夏至以降の、「庚(かのえ)」の日を、初伏・中伏・末伏といいます。

    2021年は初伏が「7月11日」で中伏が「7月21日」で末伏が「8月10日」とされています。

    この日に、背骨の脊柱、督脈に沿ってお灸をします。冬の喘息や気管支炎などの病気は、夏にお灸して予防します。また、三伏天灸をしていると、冬の関節痛にならないともいわれています。

    韓国ではこの日にサムゲタンを食べて体を内蔵から温めて養生するそうです。

    クロス鍼灸では、この日にいらした患者さんに、せんねん灸の温灸棒、竹かご温灸、味噌灸を脊柱に沿ってお灸しました。

    暑い時こそお灸で夏を元気に過ごし、夏バテ予防。

    そして、元気に冬を迎えましょう。

  • 2021.05.31初夏のほうろく灸

    5月30日(日)の午後、神戸のお寺、西室院にて、ほうろく灸イベントを開催しました。

    緊急事態宣言中のため、密にならないよう2回に分けて分散開催することにしました。

    対策を講じながらも、不安な方には途中で自由に帰ってもいいとお伝えしています。
    今回は、12名の参加でしたが、皆さん、気持ち良かったと喜んで頂き、ホッと安心しました。

    梅雨入りしてから雨の日が多くて心配しましたが、天気も良く、窓を開けると心地いい風が入ってくるなかのお灸は、とても気持ち良かったです。

    モグサの大きさが握りこぶし大ほどで、だんだん頭(百会の部分)が熱くなり、ほうろく皿は約30分ほど温かさが持続します。
    毎年参加の慣れた方、初参加の方も、太鼓の音とお灸に癒された様子でした。こういう素晴らしい心身をいたわる風習を、今後も続けて広げていきたいと思います。

  • 2021.02.14お灸・つぼセルフケアの動画撮影

    地域のショッピングモール(神戸の学園都市のキャンパススクエア)のホームページですが、セルフケアのための動画をアップして頂きました。

    普段、こちらでお灸教室をさせて頂いています。その講座の告知、宣伝も兼ねて、動画を撮らないかとカルチャーセンターから声をかけて頂きました。

    今回は、『冷え症』がテーマの撮影でした。

    そして、お灸教室の様子も撮影して頂きました。

    最近、急に春のように暖かくなりましたが、しばらく寒暖差が続きそうです。

    まだまだ体が冷えやすいので、お灸、温活セルフケアをしていきましょう!!

  • 2020.11.15お灸の御朱印とほうろく灸(神戸の西室院)

    11月8日(日)午後、神戸のお寺、西室院にて、ほうろく灸イベントを開催し、25名の方にご参加いただきました。

    前回、6月に開催した時同様に消毒や3密を避ける、不安な方は途中で自由退席など対策を心掛けました。

    御朱印長を持参された方が数名、西室院さんに御朱印を書いて頂きました。今回、特別にほうろく灸の絵の御朱印です。ほうろく灸やお灸の御朱印を見たのは初めてです。とても貴重な御朱印なので、大切にしてもらえたら嬉しいです。

    そして、天気も良く温かい日でしたので、皆さんお灸で温かく養生できました。

    モグサの大きさが握りこぶし大ほどで、とても大きく、だんだん頭(百会の部分)が熱くなり、ほうろく皿は約30分ほど温かさが持続します。太鼓の音が心地よくひびき、窓を開けているので煙がこもることもなく、熱くなったら寝っ転がり、お腹や腰、膝など気になる場所にあてながら、うとうとする方もいらっしゃいました。

    日本古来から、こんな素敵な心身をいたわる風習があるのは素晴らしいことだと思います。

    年に何度か開催してほしいと要望もよくいただくので、今後も続けてほうろく灸を広げていけるよう、開催していきたいと思います。

Profile 当院の基本情報Profile 当院の基本情報

鍼灸院名

クロス鍼灸治療院

せんねん灸セルフケアサポーター

秋長 佳子あきなが よしこ

クロス鍼灸は、鍼灸院での施術、往診でご自宅での施術をしています。
また、お灸、ツボ押し、東洋医学などセルフメンテナンスについての講座を神戸、大阪を中心に開講しています。
教室でも治療院でも、一人一人のお悩みに可能なかぎり対応し、個々の自己治癒能力を引き出せるよう対応致します。

鍼灸院名 クロス鍼灸治療院
(くろすしんきゅうちりょういん)
住所 〒654-0152  兵庫県神戸市須磨区東落合3丁目19-14
アクセス 神戸市営地下鉄 名谷駅
TEL 090-5056-6585
ご予約 090-5056-6585
フォームで予約
オリジナルサイトで予約
メールアドレス crosshariq@gmail.com
ホームページ http://www.cross-hari.com/
SNS