• せんねん灸セルフケアサポーター(鍼灸師)を探す
  • お灸教室を探す
  • せんねん灸セルフケアサポーター(鍼灸師)を探す
  • お灸教室を探す
場所
サポート方法
カテゴリー
開催日
場所
テーマ

たけのこ堂鍼灸院たけのこどうしんきゅういん

  • せんねん灸セルフケアサポーター柴田 千恵
    • JR新検見川駅もしくは京成八千代台駅から京成バスに乗り、鉄工団地入口で下車し、徒歩10分
    • 千葉県千葉市花見川区千種町143-17
    • カテゴリー シニア/妊活/ビューティー/ランナー/肩こり/腰痛/ひざ痛/冷え/しびれ/目の疲れ/不眠/むくみ/不妊/美容

News1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせNews1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせ

  • 2023.01.17禁煙のススメ

     タバコの煙には数多くの有害物質や発癌物質が含まれ、全身の健康に悪影響を与えます。そのため、喫煙者は様々な癌や脳卒中、心臓病などの病気のリスクが高まり、平均寿命も短くなります。また、タバコの害は本人だけでなく、受動喫煙を通じて、大切な家族や周囲への人へも及ぶので、一刻も早く禁煙を実現しましょう。

    ☆呼吸器疾患とタバコの怖い関係☆

    ①喫煙は肺や免疫系に悪影響

    タバコには、心血管疾患や呼吸器疾患の発病リスクを高める約4700種類の有害物質が含まれています。

    ②呼吸器疾患を重症化させる

    喫煙は、持病がない人にも深刻な呼吸器疾患を引き起こします。インフルエンザなどの感染症に罹りやすくなり、肺炎を重症化させるという報告もあります。

    ③屋内の喫煙スペースは感染リスクが高い

    喫煙所では互いにマスクをせずも、近接した状態でタバコを吸います。屋内の喫煙スペースは典型的な3密状態ですので、感染リスクは非常に高くなります。

  • 2022.12.01運動で免疫力を高めよう!

     秋から冬への移行期は寒さと乾燥で感染症に気をつけたい季節です。手洗い・うがいやマスク着用などの対策予防はもちろんですが、適度な運動によって免疫力を高めることも大事です。筋肉を動かすことによって体温の上昇や血流の増加が促進されるので、新陳代謝が上がります。結果として、ウィルスや菌などから身体を守る為の免疫力が高まります。

     運動不足は肥満やメタボリックシンドロームを招き、様々な生活習慣病を引き起こします。日々の運動習慣で、感染症に負けない健康な身体づくりを心がけましょう。

    【良質な睡眠を楽しむ為に】

    1.足を肩幅に広げて立ち、膝が直角になるまでゆっくり腰を落とし、またゆっくり元の姿勢に戻る。

    2.背筋を伸ばして椅子に浅く座り、両手で軽く座面を持つ。床に平行になるまで片足を伸ばしながらゆっくりと上げ、またゆっくり足を下ろす。

    3.食後の300歩、医者いらず。家の近くを歩くだけで全身運動になり、体温も上昇します。

    4.筒状の物を両手に持ち、両手を回しながら踵は浮かす程度で身体を上下させる。外で縄跳びをしてもOK。

    5.背筋を伸ばして椅子に座り、両手を後ろで組み、そのまま上半身を真横に倒して腹筋を伸ばす。

  • 2022.10.12適量のお酒で健康長寿!

    「酒は百薬の長」と言われるように、節度ある飲酒は、心身の緊張をほぐしてストレスを解消したり、血流を促進をさせたり医学的効果が認められています。

     しかし、飲み過ぎると体にとっては害になります。大量の飲酒を続けると、肝臓や膵臓に大きな負担がかかるために、その状態が続くと高血圧・糖尿病といった生活習慣病や肝硬変や癌の原因となり、寿命を縮めてしまうこともあります。 

     長寿と飲酒の関係は世界中でも研究が行われていて、概ね少量のお酒はプラスに働くというのが共通の認識のようです。

    ☆知っておきたい健康へのお酒の功罪☆

    1.少量の飲酒は、全く飲まない人に比べて心筋梗塞や脳梗塞のリスクはやや低下するそうです。お酒を少量嗜む人の方が死亡率も若干低くなっています。

    2.少量のお酒でも、肝機能の弱い人にとっては肝硬変のリスクとなります。また、お酒に強いと思っている人も飲み過ぎは危険です。

    3.少量のお酒は血圧やコレステロール値を下げることもありますが、大量の飲酒は血圧やコレステロール値の上昇を引き起こします。

  • 2022.05.23認知症と生活習慣病

     認知症にはまだまだわからないことが多くありますが、近年の研究で生活習慣が大きく関わっていることがわかってきました。例えば、喫煙やアルコールの大量摂取は認知症のリスクを高めます。反対に、食事や運動に気を配った健康的な生活習慣は認知症の発症を抑えてくれます。

     認知症は加齢や遺伝などの要因によって脳の機能が低下する病気で、完全な治療方法は見つかってません。しかし、生活習慣の改善によって、発症を予防したり、症状を軽減できます。

    【認知症予防のための生活習慣】

    ①野菜中心で動物性脂肪を控えた食事

    ②適度な運動で脳の血流を良くする

    ③禁煙

    ④質の高い睡眠

    ⑤地域や社会の活動に積極的に参加する

    ⑥趣味を持つ

    ⑦転倒や怪我に気を付ける

    ⑧持病のある人はしっかりと治療する

    脳の健康を守り、認知症を予防しましょう!

  • 2022.04.02予防医学

     医学には、病気に罹った時に行う「治療医学」と病気にならないための「予防医学」があります。

     予防医学には、一次予防は生活習慣の改善や、感染予防といったものです。二次予防は病気の早期発見・早期対処で、三次予防は社会復帰のためのリハビリテーションがあります。

     一番大事なのは一次予防です。しかし、健康診断を受診することで、今の自分の身体の状態を知り、生活習慣の問題点や改善点を把握することも大切です。

     また、検査結果が基準範囲内であっても、結果に急激な変化が有る場合は「何かあったかな?」と自分の生活を見直してみるといいかもしれません。

Profile 当院の基本情報Profile 当院の基本情報

鍼灸院名

たけのこ堂鍼灸院

平成21年4月開業

せんねん灸セルフケアサポーター

柴田 千恵しばた ちえ

~ 学歴 ~
法政大学文学部史学科卒業
関東鍼灸専門学校卒業
東京衛生学園臨床教育専攻科卒業
~ 職歴 ~
三和銀行(現東京三菱UFJ)
ホンダプリモ京葉(経理課)
千葉スバル自動車(保険課)
関東鍼灸専門学校

お子様からご年配の方まで「体の悩み」なんでもご相談ください。
お気軽にご連絡ください。
お待ちしております。

鍼灸院名 たけのこ堂鍼灸院
(たけのこどうしんきゅういん)
住所 〒262-0012  千葉県千葉市花見川区千種町143-17
Google マップで見る
アクセス JR新検見川駅もしくは京成八千代台駅から京成バスに乗り、鉄工団地入口で下車し、徒歩10分
TEL 090-8727-3548
営業時間 随時受付
定休日 お問い合わせください
ご予約 090-8727-3548
フォームで予約
施術内容 はり・灸
料金 お問い合わせください
カテゴリー シニア、妊活、ビューティー、ランナー、肩こり、腰痛、ひざ痛、冷え、しびれ、目の疲れ、不眠、むくみ、不妊、美容
メールアドレス takenoko33chie0618@yahoo.co.jp