場所
サポート方法
カテゴリー
開催日
場所
テーマ

たけのこ堂鍼灸院たけのこどうしんきゅういん

  • せんねん灸セルフケアサポーター柴田 千恵
    • JR新検見川駅もしくは京成八千代台駅から京成バスに乗り、鉄工団地入口で下車し、徒歩10分
    • 千葉県千葉市花見川区千種町143-17
    • カテゴリー シニア/妊活/ビューティー/ランナー/肩こり/腰痛/ひざ痛/冷え/しびれ/目の疲れ/不眠/むくみ/不妊/美容

News1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせNews1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせ

  • 2020.01.17五臓六腑①

     五臓六腑が異常を起こすと、そこに関連した身体の表面の部分に、特定の症状が現れます。これを外候といいます。特定の部位や竅(穴)に現れる症状から、五臓六腑の営みが正常か異常かを判断する学説を臓象学説といいます。「心の華は顔にあり、血脈を充たし、舌に開竅する」とは、心の変調は顔の色に現れ。血脈を満たす働きがあり、舌の異常で変調がわかるという意味です。

     東洋医学では、人体の内臓器官を五臓六腑で表現します。五臓は心・肺・脾・肝・腎、六腑は小腸・胃・胆・膀胱・三焦になります。西洋医学の臓器名と似ていますが、示しているものは、もっと広いものです。単なる臓器の名前ではなく、臓器の働きによって生じる、様々な現象も含んだ呼び方になります。

     六腑は飲食物から栄養分を取り出します。その栄養分や大気から取り込んだ「気」をもとにして、五臓が気・血・津液・精という、生きていくうえで欠かせない要素をつくり、貯蔵します。五臓と六腑は密接に関連し、バランスを取り合っています。また、心と小腸、肺と大腸、脾と胃、肝と胆、腎と膀胱はそれぞれ互いに対となっていて、どちらかが病気になると片方に異常が起きやすくなります。

  • 2019.12.20精の不足②

     生まれつき先天の精が少ない子は、発育不良・夜尿症・小児喘息になる場合があります。しかし、成長するにしたがって後天の精をたくさん作れるようになれば、先天の精を補えるようになるので、症状は消得ることが多いです。

     食事をきちんと取っていないと、精を作る水穀の精微が足りなくなります。脾の働きが弱くても精の生成は不足します。また、慢性的な病期、老化、性行為の不摂生でも精を大量に消耗してしまうために不足します。

     なお、精に関わる病気は不足する場合のみで、精が多すぎて病気になることはありません。

     ある年齢になると、女性は7年周期、男性は8年周期で生理的な変化が起こるとされています。女性は7×2の14歳、男性は8×2の16歳になる頃、腎中の精気は天癸を作るとされています。天癸は生殖機能の成熟を促す物質になります。 

     天癸の作用によって、女子には初経が起こり、男性は精液を作るとされています。年を取ると、腎中の精が衰えるために、性機能が減退していきます。女性ではおよそ7×7の49歳で閉経し、男性では8×2の56歳で生殖能力を失うとされています。

  • 2019.11.29精の不足①

     精は、気・血・津液と並んで、人の体にとって大変重要なものです。人が生まれつき持っている精を先天の精、体内で作られる精を後天の精といいます。精の不足で起こる病気を腎精不足といいます。精は脾で生成されて、腎に貯蔵されているので、腎精不足には脾と腎が関わっているのです。

     精は発育・生殖・老化と関係してますが、精が不足すると精を貯蔵している腎の働きも弱くなります。腎は、髪・歯・耳・足腰・脳を関連しているので、腎精が不足すると、子供では発育不全がみられることがあります。大人では性機能が影響を受けるので、妊娠しにくくなります。年をとって、毛が抜け、歯がグラグラしたり、耳鳴りがしたり、耳が聞こえにくくなったり、足腰が弱って上手く歩けないのは、精の不足です。また、物忘れや認知症に至ることもあります。

     腎精不足は、腎の固摂機能を低下させるので、精を閉じ込めておく働きがおくことができなくなります。すると、夢精や遺精が起きます。また、二便(大便・小便)も留めておけなくなるため、便や尿の失禁がみられることがあります。妊娠している女性では、子宮をしっかり保持できなくなるため、流産しやすくなってしまいます。

  • 2019.10.25津液の病②

     津液は津液は、肺・脾・肝・腎・三焦などの臓腑が協調して、全身を循環させています。どれか1つの臓腑の機能が落ちてしまうと、津液は上手く運ばれなくなってしまい、身体のどこかに津液が溜まってしまいます。これが津液の停滞です。

     停滞している津液は湿といいます。湿は身体に有害で、粘り気のある水分です。湿があるとむくみや下痢を発症します。さらに、湿が増えて凝集すると痰になります。肺や咽喉に痰ができると咳がでるようになります。また、痰ができる部位によって、食欲不振、吐き気、動悸、お腹が張る感じといった、様々な症状がみられます。

     津液が正しく排泄されないことでもむくみができます。例えば、肺は汗腺から汗として津液を排出します。肺の働きが悪くなると、汗腺が閉じてしまい、排泄されるべき津液が停滞してむくみになります。また、尿は、腎や膀胱などの働きによって排泄されますが、上手く機能しないと余分な津液がむくみとなって身体に現れます。同じように見えるむくみでも、原因となる臓腑が異なる場合もあります。

     現代医学ではむくみを浮腫といいます。間質液が異常に増えた病態で、心不全、肝硬変、腎不全などで全身に現れます。

  • 2019.09.20津液の病①

     津液が変調すると、津液不足と津液の停滞が起こります。津液は、脾と胃で消化・吸収された栄養分から作られます。食べる量が足りなかったり、偏った食事を続けると津液が十分に作れません。また、脾と胃が変調して機能が低下したり、身体が非常に疲れていても津液の生成量は減少します。このような事が原因で、全身の津液不足が起こります。

     また、津液が大量に使われて不足する事もあります。汗や尿は津液です。発熱によって大量の汗が出たり、病気で多尿や頻尿になると、全身の津液は不足します。涙、ヨダレ、鼻水、ツバも津液なので、大量に出た場合には津液は減ります。長引く下痢も津液を消耗します。

     津液が不足すると、皮膚や組織から潤いが失われ、様々な症状が現れます。主に、鼻、咽喉、口の中、唇が乾いて不快感が強くなります。肌はハリがなくなり、ザラザラして目が落ち窪みます。髪は艶がなくなりバサバサになります。声が枯れて出しずらくなります。

     津液は関節に貯まって動きをスムーズにしている為、減少すると身体が動かしにくくなります。大便の水分も不足し、スムーズに排便できなくなります。イライラして、じっとしていられなくなります。

Profile 当院の基本情報Profile 当院の基本情報

鍼灸院名

たけのこ堂鍼灸院

平成21年4月開業

せんねん灸セルフケアサポーター

柴田 千恵しばた ちえ

~ 学歴 ~
法政大学文学部史学科卒業
関東鍼灸専門学校卒業
東京衛生学園臨床教育専攻科卒業
~ 職歴 ~
三和銀行(現東京三菱UFJ)
ホンダプリモ京葉(経理課)
千葉スバル自動車(保険課)

母校の関東鍼灸専門学校で非常勤講師をさせていただきながら「たけのこ堂鍼灸院」で鍼灸治療をさせていただいております。
お子様からご年配の方まで「体の悩み」なんでもご相談ください。
お気軽にご連絡ください。
お待ちしております。

鍼灸院名 たけのこ堂鍼灸院
(たけのこどうしんきゅういん)
住所 〒262-0012  千葉県千葉市花見川区千種町143-17
Google マップで見る
アクセス JR新検見川駅もしくは京成八千代台駅から京成バスに乗り、鉄工団地入口で下車し、徒歩10分
TEL 090-8727-3548
営業時間 随時受付
定休日 お問い合わせください
ご予約 090-8727-3548
フォームで予約
施術内容 はり・灸
料金 お問い合わせください
カテゴリー シニア、妊活、ビューティー、ランナー、肩こり、腰痛、ひざ痛、冷え、しびれ、目の疲れ、不眠、むくみ、不妊、美容
メールアドレス takenoko33@ezweb.ne.jp