• せんねん灸セルフケアサポーター(鍼灸師)を探す
  • お灸教室を探す
  • せんねん灸セルフケアサポーター(鍼灸師)を探す
  • お灸教室を探す
場所
サポート方法
カテゴリー
開催日
場所
テーマ

鍼灸サロン La Mieux しんきゅうさろん らみゅー

  • せんねん灸セルフケアサポーター木村 知世
    • みなとみらい線 元町・中華街駅 5番(元町口)より徒歩2分
      JR京浜東北線石川町駅 南口(元町口)より徒歩10分
    • 神奈川県横浜市中区元町1-34-201
    • カテゴリー シニア/ビューティー/肩こり/腰痛/ひざ痛/冷え/しびれ/目の疲れ/不眠/むくみ/美容/女性専用
  • 明るい店内です。完全個室なのでゆったりお過ごしいただけます。

News1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせNews1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせ

  • 2020.10.26なんんだかとって疲れる方へ

    『体を使っているわけでもないのに、なんだかとても疲れる・・』

    そんなご相談が最近多いです。

    それは、頭の使い過ぎで『脳が錆びているから』かも知れません。(NHK10月23日放送『チコちゃんに叱られる』参考)

    脳を使うと大量の酸素が必要にるため、自律神経が心拍数や血圧を上げ脳に多くの血液を脳に運びます。
    その時、活動した脳は活性酸素を放出し、その活性酸素溜まってくると脳を酸化・つまり「錆びて」動きを悪くさせ、脳が『疲れた』と感じるそうです。

    この疲れを取るには栄養ドリンクやカフェインなどではダメで、『睡眠』しかないそうです。
    質の良い睡眠をとりたいものですね。

    最近、なぜだか疲れて質の良い睡眠も取れてないな・・・という方は
    是非鍼灸をお試しください♬
    質の良い睡眠と、脳血流をアップさせるツボでスッキリすると思います♬

  • 2020.07.17梅雨時期の食欲不審・胃もたれに!胃腸スッキリ☆セルフケア

    今年も梅雨が長引いておりますね。

    雨が続くと体が重く、疲れやすくなる方も多いのではないでしょうか・・・

    当鍼灸サロンへも、この時期に頭痛・倦怠感・食欲不振・胃もたれでお困りでご来店される方が多いです。

    梅雨時期に、このような症状が出るかたは、湿気(東洋医学的に『湿邪』と呼びます)に体がやられているかもしれません。

    この『湿邪』が胃腸に溜まると食欲不振や胃もたれを起こしやすくなります。

    そのような症状には、『足三里』と『陰陵泉』にお灸がオススメです。

    胃腸の働きを正常にして、湿邪をうまく体から流し出してくれます。

    それぞれの場所は、

    足三里:ひざの外側のお皿のすぐ下にあるくぼみに人さし指をおき、指幅4本そろえて小指があたっているところです。

    陰陵泉:内くるぶしから内側の骨(脛骨)を上へたどっていくと膝のお皿の手前の骨の出っぱりで指が止まります。その骨のキワにあるところです。

    画像の赤い点がそれぞれのツボの場所になります。

    この時期から胃腸を整えておくと、夏バテ予防にもなります♬
    お試しください♬

  • 2020.03.13ストレス発散のツボ

    見えない敵との戦いが、年明けからじわじわと続きここ数週間は特に知らず知らずのうちにストレスを感じている方も多いようです。

    足にある「太衝」というツボは、ストレスを緩和させるひとつです。

    足の甲の親指と人さし指の骨が交わるところからやや指先よりのへこみです。

    当鍼灸サロンにお越しくださる方の多くは、このツボでストレスを発散していただいております。

    普通にズンと響くツボですが、鍼をするとストレスの強い方はとっても響きます。

    ここ最近は、今までそんなに響かなかった方も『今までで一番痛かった!!』とおっしゃる方もいるくらい、響く方が多いです。

    ストレス発散だったライブに行かれなかったり、映画館で映画をみられなかったり。。と。。

    そんな方は、是非、このツボをお風呂に使った時・寝る前などに押してみてください。

    ズンと響きますが少しスッキリされると思います。

    みなさんで、なんとかこのストレスを乗り越えていきましょう!

    https://youtu.be/W9-cXscbi2w

  • 2019.12.02冬の養生

    東洋医学には、「養生」という言葉をよく使います。

    「養生」とは、今とこの先を快適に暮らすための方法で「備える生き方」です。

    この時期は、「秋冬養陰」です。寒くなる時期にしっかりと陰(潤いを持った滋養成分)を補っておかないと、暖かくなる春先に陽(エネルギー)が足りなくなって不調が出やすくなるという考えです。秋から冬は乾燥の季節です。空気の乾燥は、呼吸するだけでも体内の潤いを奪い、皮膚や目や口の乾燥だけでなく、ほてりやのぼせ、寝汗を起こしたり血液中の水分も少なくなりドロドロ血になりやすくなります。粘膜は潤っていないと体を守る本来の働きを発揮することができません。また、冬は「閉蔵」と言って、「蔵を閉じて陰と陽を守る」季節でもあります。潤いを補う食材や体を温める食材をとったり、天気のいい日は太陽の光を浴びることも大切です。そして、冬の時期はいつもよりほんの少し早く寝て、太陽が昇ってから起きるのがよいとされています。室温も暖かく保ち、厚着をして陽気が逃げ出さないようにすることも大切です。冬の時期にしっかり体を整えておくと、春に悪化する花粉症を軽減する体つくりにもなりるのです。

  • 2019.08.05夏は適度に汗をかきましょう。

    梅雨が明けたと思ったら、猛暑日が続いていますね。

    毎日、暑くてついついクーラーでしっかり冷えた部屋からでたくなくなります。

    けれど、クーラーのきいが部屋にばかりいて

    汗をかかずに熱が発散されないと、体内に熱がこもってしまいます。

    すると、熱を冷まそうとついつい冷たい飲み物や食べ物を取り過ぎてしまいます。

    そして、胃腸が冷えて消化吸収が弱まります。

    食欲が低下したり、体力が落ちてきて夏バテのような症状を起こしたりします。代謝が落ちて太りやすくなってしまうことも!!

    また、秋になって咳こんだり、ぎっくり腰を起こしたりと体調を崩してしまうことになりかねません。

    夏は、適度に汗をかくのが養生法の一つです。

    暑すぎる時間を避け、朝や夕方に散歩したり、シャワーで済ませず湯船につかって適度に汗をかきましょう。

    いも類、やまいも、にんじん、大豆製品、豆類、キャベツなどは胃腸を整えてくれる食材です♩

    胃腸が弱ってるかな?と思ったら食事に、取り入れてみてください。

Profile 当院の基本情報Profile 当院の基本情報

鍼灸院名

鍼灸サロン La Mieux 

せんねん灸セルフケアサポーター

木村 知世きむら ともよ

皮膚科で10年間務めた西洋医学的知識と、鍼灸での東洋医学的知識でおひとりおひとりに合わせた内外健康美を提案しております。

はりは痛い?お灸は熱くないの?など初めて鍼灸をされる方は、疑問や不安がおありになると思います。まずは、お気軽にお問い合わせください。

皆様にお会いできるのを楽しみにしておりまます♪

横浜以外で、月曜日は北参道で治療をしております。都内の方もお気軽にお問い合わせください。

鍼灸院名 鍼灸サロン La Mieux 
(しんきゅうさろん らみゅー)
住所 〒231-0861  神奈川県横浜市中区元町1-34-201
Google マップで見る
アクセス みなとみらい線 元町・中華街駅 5番(元町口)より徒歩2分
JR京浜東北線石川町駅 南口(元町口)より徒歩10分
TEL 080-2077-8989
ご予約 080-2077-8989
フォームで予約
オリジナルサイトで予約
施術内容 美容鍼、鍼灸治療
料金 6000〜9000
カテゴリー シニア、ビューティー、肩こり、腰痛、ひざ痛、冷え、しびれ、目の疲れ、不眠、むくみ、美容、女性専用
頭痛、胃腸不調
こだわり 女性専用、体調をしっかりお伺いしてご本人の自己治癒力を高めていきます。
メールアドレス shinkyulamieux@gmail.com
ホームページ http://shinkyulamieux.com/