場所
サポート方法
カテゴリー
開催日
場所
テーマ

光が丘訪問はりきゅうそら ひかりがおかほうもんはりきゅうそら

News1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせNews1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせ

  • 2020.02.21なんとなくつらくない

    こんにちは。はりきゅうそらです。

    当院はお一人で病院や治療院へ通えない高齢者の方、障害のある方のお宅へ訪問し施術をしています。

    気温差の大きい今年の冬は、体調管理が難しいという患者さんが多いです。

    確かに1日で10℃以上違うと体がついていかないなあと思うこともあります。

    はりきゅうそらでは痛みの施術とともに下腹部へのお灸を受けていただいています。

    寝たきりの方は血流が悪くなり、足が冷え、しびれることもよくあります。下腹部を温めることは体の芯を温めることになり、血流改善につながります。

    「じんわりと体が楽になる」「例年冬はつらいけど、今年はなんとなくつらくない」ご本人の感想です。なんとなく楽というのは日々の生活の中では大事なポイントになります。

    お灸の時間はホッとする時間になるので心もリラックスできますね

  • 2019.08.22夏の訪問でおこること

    こんにちは。はりきゅうそらです。

    当院はお一人で病院や治療院へ通えない高齢者の方、障害のある方のお宅へ訪問し施術をしています。

    今年の夏は例年以上に暑いですね(毎年言っている気がしますが…。)

    訪問のお仕事は、訪問して施術やリハビリを行うことなのですが、この時期は特に患者さまの水分摂取や室温の管理といった日常に関わることも大切になってきます。

    一人暮らしの方も多いため、のどが乾かないからと水分を取らないとき、エアコン嫌いだからと暑い部屋でテレビを見ていたりしても環境を整える人がいないからです。

    そんなことないと思われるかもしれませんが、先日も訪問先でソファの下に倒れていて救急車を呼びました。二日前の訪問では元気そうにまたお願いねと笑顔でいた方です。それが現実です。

    ケアマネージャーさん、介護士さん、お医者さん、看護師さん、近所の方、遠くに住むご家族…みんなで協力して見守る力が私たち鍼灸マッサージ師にも必要とされているのが訪問の世界です。

    温かいお灸は夏場もホッとする大切な時間。夏バテしないように自分にもお灸してみんなが笑顔で夏を乗り越えられますように…。

  • 2019.05.23卒業

    こんにちは。はりきゅうそらです。

    当院はお一人で病院や治療院へ通えない高齢者の方、障害のある方のお宅へ訪問し施術をしています。

    当院では「卒業」があります。

    ベッドから起き上がれないところから自分で外出できるようになった方は卒業ということになります

    高齢の方の場合、腰や膝の手術後ご自宅に戻られてから手術前の時のように外出が難しく自宅にこもることがあります。

    自宅にこもると寝ることが増え筋力は落ち、食欲がなくなり…と悪循環になってしまい本人だけでなくご家族も心配されます

    当院では痛みの緩和を主な目的として訪問しているのですが、精神的なケアを重視しています。落ち込んでしまうことと今度は旅行に行きたいわと前向きにいることでは痛みも違ってきます。

    そのために何かしろとはいいません。お灸をしながら今の気持ちを聞かせていただくのです。お灸の匂いが好きという方は多く、お灸をする時間はその方のホッとする時間になり前向きに生きるきっかけになるようです。

    今月卒業された方も初めてお会いした時はベッドから起き上がれず苦しい日々を送られていたとのことですが、最後の日は「来月友達に会いに行くのよ」と楽しそうに話してくれました。

  • 2019.02.21お灸がつなぐ親子の絆

    こんにちは。はりきゅうそらです。

    当院はお一人で病院や治療院へ通えない高齢者の方、障害のある方のお宅へ訪問し施術をしています。

    ある難病を抱える患者様と介護されている娘様の話しです

    2人には共通のホッとする時間があります。そうです。お灸です

    訪問時にお灸をさせて頂いているのですが、気持ち良さそうにお灸を受けている患者様を見ていた娘様が私もやってみたいとなり

    いつのまにか寝る前に二人でお灸をするようになったそうです。

    難病のためご本人は思う様に動けずつらい、一人で介護を続けている家族もつらい、顔には見せませんが、決して楽なまいにちではありません。

    そんなお2人でするお灸の時間は本当に貴重なひとときになっているのだそうです。話が出来ない患者様もニコニコしながら話を聞いていらっしゃいました。

    楽しみの時間だけでなくこわばりや不定愁訴の変化も感じているのは仲良く続けているのもありますね。

    訪問帰りに娘様が「そろそろお灸無くなるからまたお願いね」と手を振ってくれます

    ホッとする一言です。

  • 2018.12.10お灸の温かみと家族の温かみ
    こんにちは。訪問はりきゅうそらです。 私は寝たきりの方やお一人で外出できない方のお宅に 訪問し鍼灸施術を行なっています。 東京は急に気温が下がり寒くなってきました。 先週は20℃超えていたのがウソのようです。 私が施術に訪問するのは高齢の方が多いのですが、 同居されているご家族からの相談も多いです。 介護をされている方も体はきついので 患者様、ご家族様三人でお灸をすることも あります。 ご家族がお灸に興味を持っていただくことは ありがたい。 寝たきりの方は自分でお灸はできないので 娘さんと、ご主人と、奥様と一緒にされています 家族のコミュニケーションの中に お灸がある。 昔はよくある光景だったと思いますが、 今はあまり見られなくなったような気がします お灸の温かみと家族の温かみは相性がいいのです。 寒い冬になりそうですが、温かく過ごしていただきたいものです

Profile 当院の基本情報Profile 当院の基本情報

鍼灸院名

光が丘訪問はりきゅうそら 

一人では外出困難な高齢の方、障がいのある方のお宅、施設に訪問し施術をします。往診範囲:東京都練馬区、板橋区、埼玉県和光市

せんねん灸セルフケアサポーター

江川 聡えがわ さとし

東京都練馬区で訪問専門治療院をしております。
痛みやしびれがあり、一人では病院や治療院へ通えない
ご高齢の方、障害のある方のお宅へ施術に伺っています。
訪問先では鍼治療、マッサージ、体操や歩行訓練を
行いますが、中でも人気があるのは、お灸です。
患者様はもちろん、介護されているご家族様も
じんわりと体にしみこむお灸の温かさは「心身ともに
ホッとできる大切な時間」と喜んでいただいています。

鍼灸院名 光が丘訪問はりきゅうそら 
(ひかりがおかほうもんはりきゅうそら)
住所 東京都練馬区
営業時間 8:00~19:00
定休日 日曜日
ご予約 フォームで予約
オリジナルサイトで予約
施術内容
料金
カテゴリー シニア、腰痛、ひざ痛、しびれ、むくみ
メールアドレス egawabass@yahoo.co.jp
ホームページ https://hikarigaoka-noukousoku.com/