• せんねん灸セルフケアサポーター(鍼灸師)を探す
  • お灸教室を探す
  • せんねん灸セルフケアサポーター(鍼灸師)を探す
  • お灸教室を探す
場所
サポート方法
カテゴリー
開催日
場所
テーマ

はやさき鍼灸治療院はやさきしんきゅちりょういん

News1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせNews1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせ

  • 2022.09.20秋晴れ

     台風が去って、あっという間に秋の空気を感じます。今年の夏は特に暑かった影響か、生理不順を訴える患者さんが多かったように思います。

     さて、暑い夏が過ぎると寒い冬が心配になってきますね。お灸を使っての治療を求めて来院される方のほとんどが、冷え性で悩んでいます。冷えを改善するには温めることという当たり前の発想から選ばれる方が殆どかと思います。

     勿論、お灸の効果としては「温めること」で「血流が改善」されて、その結果冷え性が改善するという「直接温めた効果」というのもありますが、それでだけではないところが東洋医学や鍼灸治療の面白いところです。

     緊張すると手が冷たくなりませんか?それは交感神経が優位になっている影響で、血管が収縮した状態になっていることから起きる現象です。つまり、リラックスしているときの方が身体は温かくなりやすいのです。このため、鍼灸治療を受けるときは「リラックスしていること」がとても重要となります。リラックスするためには鍼灸治療が「心地よいこと」が大切です。ご自宅でのセルフケアでも同様です。「ここにお灸をすると気持ちがいいな」と思う場所(経穴)にお灸をすると効果的です。

  • 2022.03.15お灸の魅力がわかるまで

    こんなことをいうのもなんですが…(^▽^;)

    10代20代の頃は、お灸の良さがさっぱりわかりませんでした。「熱い」「痛い」そんな風にしか感じることができなかったんです。良さがわからなくても、臨床現場で効果を実感することは多々あったので、よく使ってはいました。特に痛みに対する鎮痛効果は絶大で、スポーツ外傷などではとてもよく使います。また、セルフケアとして選手自体が自宅で行うことができるのもとても魅力的です。

    ところが、40代になり「なんとなくしんどい」そんな時にふと思い立って足三里にお灸をしてみたら٩( ''ω'' )وなんだかすごいイイ感じ!

    ちなみになんとなく何がしんどかったかというと、肩が上がっているような呼吸が浅い感じ(;'∀')

    足三里のお灸がキューっと奥に入ってくるような感じがするのと同時に、胸の圧迫感がすっと消えていきました。この感覚はなんともいえない気持ちの良さ。他では経験できないスッキリ感です。

    なんとなくしんどいの「なんとなく」がわからない時はお近くの鍼灸院までご相談ください。効果的な「ツボ」をきっと探し出してくれます。

  • 2020.05.28「どのツボにお灸をしたらいいですか?」

     最近、受付にお試し用のお灸を置いています。そうするとタイトルにあるように「私の場合、どのツボにお灸をするといいですか?」という質問をされることが多いです。
     足先が冷える方、「太谿(たいけい)」または「太白(たいはく)」にお灸をしてみて下さい。足が温かくなった方があなたの冷えに適したツボになります。
     太谿で冷えが改善したように感じた方、生理不順や生理前の不調はありますか?あるのであれば体型に加えて「関元(かんげん)」と「照海(しょうかい)」にもお灸をして下さい。
     太白で冷えが改善したように感じた方、食欲不振や元来食少な傾向はないですか?「足三里(あしさんり)」や「中脘(ちゅうかん)」にもお灸をしてみて下さい。

     ご自宅で感じた効果はまた次回来院時に教えていただけると今後の施術の参考にもなります。

  • 2019.11.28よもぎ蒸し

    随分寒くなってきましたね。そして空気も乾燥してきました。ご自宅でのセルフケアの際には火の元に十分気をつけて下さいね。
    お灸の原料である「ヨモギ」は、漢方の生薬としても使われています。その効能としては、冷え由来の痛みや冷えに関連した月経困難症、更には湿疹や皮膚掻痒感にも効果があると言われています。
    さて、こんな寒くて乾燥した季節にはお灸だけでなく「よもぎ蒸し」も大変効果的ですよ。

  • 2019.05.30悪阻の治療

    5月も終わりですね。これから、妊婦さんには暑い暑い夏の季節がやってきます。妊娠すると足元は冷えているのに上半身は熱くて熱くて…なんておっしゃられる方が多いように感じます。暑いのでついつい冷たいものが飲みたくなったり、食べたくなったり、貧血も相まって氷をガリガリしたくなったり…。特に悪阻の時期は、湯気を不快に感じやすい方も多く、温かいものよりも冷たいものを口にしがちです。

    しかし、のぼせに注視しすぎて、冷えのケアをおざなりにすることでより一層、冷えのぼせが強くなってしまいます。そんな時は、足や下腹部を中心としたツボにお灸をすることでのぼせと冷えを改善し、悪阻の症状を和らげることができます。
    自宅でのセルフケアも大変効果的ですが、妊娠中は浮腫みやすくなります。火傷には十分気をつけて下さいね。

Profile 当院の基本情報Profile 当院の基本情報

鍼灸院名

はやさき鍼灸治療院

せんねん灸セルフケアサポーター

杉本 崇子すぎもと たかこ

鈴鹿市林崎で鍼灸治療院を開設しています。
地域の方々を中心に、小さなお子様からお年寄りの方まで幅広く皆様にお役にたてる治療院を目指しています。

鍼灸院名 はやさき鍼灸治療院
(はやさきしんきゅちりょういん)
住所 〒513-0058  三重県鈴鹿市林崎2-22-2
Google マップで見る
アクセス 近鉄名古屋線 箕田駅
TEL 059-389-7241
ご予約 059-389-7241
フォームで予約
オリジナルサイトで予約
メールアドレス hayasaki@jupiter.ocn.ne.jp
ホームページ http://www.hayasaki.info/
SNS