場所
サポート方法
カテゴリー
開催日
場所
テーマ

はり・きゅう はりもはり・きゅう はりも

  • 待合室です
  • 当院の外観です
  • 入口です
  • せんねん灸を、セルフケア用に販売しています。
  • もぐさを使った直接灸も行います。
  • 箱灸
  • 当院の最寄地図です
  • 電気ていしん 鍼が苦手な方・浮腫みが強い方に使用しています。

News1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせNews1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせ

  • 2020.05.20ZOOM(オンラインミーティングアプリ)によるお灸の話

    先日、患者さんからのご依頼でZOOMによるお灸指導をいたしました。はじめてのオンラインでしたが、総じて楽しくさせていただきました。

    いろいろ試行錯誤させていただいたおかげで、どのように
    お伝えするとわかりやすいかなど、多くの発見がありました。

    「お灸」そのものですが、「お灸」はきっかけであり、

    お互いの健康状態、日々の事などをお話することができたことが

    私にとっても非常に有意義かつ、気持ちが落ち着く経験を

    させていただきました。

  • 2020.01.08指の関節へのお灸

    高齢の患者さんの中には、長年の手の使いすぎによって、指が曲がりにくくなっている方がおられます。

    指の関節のため、鍼を使うことはあまりありませんが、
    お灸を提案することがあります。

    糸状灸というもぐさを使った直接灸を使うのですが、
    関節の前後左右に数壮ずつ据え、少しずつ指を動かしていきます。小さい動きから徐々に、大きく曲げられるよう地道にやっていきます。

    少し可動域が広がるだけでも、日常生活や家事が楽になることも多く、指が曲がりにくい訴えがあるとお灸を積極的にすすめています。

    指の関節には鍼よりも、電気よりも、直接灸の効果が安定しているように思えます。一瞬、熱さを感じますが、やってみる価値は大いにあります。

  • 2019.11.12お灸による効果の診方

    お灸をしていて、「これは効いているのかな?」と思うことはありませんか。

    お灸はコツコツすえて、地道に積み上げていく面があります。

    症状や、病態にもよりますが、お灸をして即座に効果がでないものについては、一定期間はお灸を継続する必要があります。

    例えば強い冷え性や、体力低下、慢性症状などです。

    そんな時は、お灸を続けていく上で、確認していただきたいことがあります。

    「自宅でせんねん灸などのお灸をすえた後に、手の甲でふれ、その部分があたたかみ帯びているかどうか」です。

    もちろん、触らなくてもあたたかく感じているといいのですが、
    慢性症状などはお灸の熱さを感じることもなく、またすえたところもあたたかくなっていないことがよくあります。

    お灸を継続していくと、3壮でようやく温かくなったのが、2壮、1壮と数を少なくしても熱を感じてくることがあります。

    お灸の数は患者さんの体力などにもよりますが、膝から下のツボなどは、のぼせなども少なく、ご自身がどれくらいの数、熱量でお灸のあたたかみを感じるか試しやすいと思われます。

    ぜひ、お灸をすえ続けるだけでなく、熱が入っているかどうかなども確認していただくことをおすすめします。

  • 2019.10.01足裏のいぼ取りのお灸

    足裏のいぼ取りのお灸

    足裏のいぼを取りに、皮膚科に行ったところ、

    あまりにも「液体窒素」による治療の痛みが強く、

    悩んでおられた患者さんがおられました。

    お灸がいぼに有効などということは、一般の方はまずご存じありません。

    硬くなったいぼは、もぐさで直接燃やしても、
    患者さんはほとんど熱くありません。

    もぐさを重ねて、何度もすえて、広範囲のものも、

    炭化しポロっとはがれます。

    これを数回繰り返すことで、根のあるしぶといいぼだけになります。

    患者さんの負担も少なく、お灸のまた違った活用方法に

    驚く方もおられます。

    いぼに関しては、台座灸よりも直接灸の方が早い気がしますね。

  • 2019.07.08帯状疱疹後神経痛のお灸

    帯状疱疹後神経痛のお灸


    帯状疱疹後神経痛は皮疹が治癒した後30日以上持続する疼痛 または発症から3か月が経過したものをいいます。

    普段からヒリヒリしたり、急に刺すような、差し込むような強い痛みが襲ってきて、つらい思いをされている方がおられます。

    なかなか対応策がないのが現状ですが、「自宅でのお灸」は本当におすすめです。

    まずは差し込むような「強い痛み」の程度と頻度が減ってくるのを目標に日々少しずつ行います。

    帯状疱疹後神経痛のあるところは、冷えたり、硬くなったりしています。そういったものにも変化がでてくると、「痛み」も減ってきます。

    コツコツ、お灸のできる方はぜひ試していただきたいと思います。

Profile 当院の基本情報Profile 当院の基本情報

鍼灸院名

はり・きゅう はりも

埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりもです。
鍼灸外来・往診を行っています。予約制となります。
駐車場は1台分ご用意しています。当院のホームページ harimo.jpにて、症例をご案内しています。

せんねん灸セルフケアサポーター

湯浅 秀一ゆあさ しゅういち

埼玉県春日部市の鍼灸院 はり・きゅう はりもです。
鍼灸施術をメインに、「外来」「往診」を行っています。当院では「お灸」に力を入れています。治療とセルフケアで「お灸」を活用し、慢性疾患にも対応しています。当院でのお灸はもぐさを直接使った「糸状灸」、直接肌には据えない温和な刺激の「棒灸」「箱灸」などを使い分けています。セルフケアにはせんねん灸を使用。お灸のご相談は患者さん毎に個別に対応しています。

鍼灸院名 はり・きゅう はりも
(はり・きゅう はりも)
住所 〒344-0058  埼玉県春日部市栄町1-279
Google マップで見る
アクセス 東武伊勢崎線:「北春日部駅」
東武野田線:「八木崎駅」
TEL 048-763-5323
営業時間 9:00-19:30
定休日 ホームページ上でご案内しています
ご予約 048-763-5323
フォームで予約
オリジナルサイトで予約
施術内容 鍼灸
料金 初診料1500円 施術費4500円
カテゴリー シニア、ランナー、肩こり、腰痛、ひざ痛、しびれ、むくみ
メールアドレス shu304@gmail.com
ホームページ https://harimo.jp
ブログ https://harimo.jp/notice
SNS