あなたの街のせんねん灸セルフケアサポーターを探す

大倉 美樹おおくら みき

女性特有のさまざまな症状;生理痛、生理不順、不妊、妊娠に伴うつわり・腰痛・むくみ・逆子、また更年期のさまざまな症状、五十肩、ギックリ腰など、女性ならだれでも経験するような悩みの改善のお手伝いをしています。

勤務先女性のための鍼灸治療室 miki cure(ミキクーレ) (じょせいのためのしんきゅうちりょうしつみきくーれ)
業務形態鍼灸・美容鍼
受付時間
定休日
勤務先住所 〒230-0062
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町17-19-304 大倉ビル3F
最寄駅R京浜東北線 鶴見駅
京浜急行線 京浜鶴見駅
勤務先電話番号090-7172-9051
Eメールアドレスmk-okura@titan.ocn.ne.jp
ホームページURLhttp://mikicure.web.fc2.com
ブログURLhttp://mikicure.hatenablog.com/
ソーシャルURL http://twitter.com/mikicure

NEWS

赤ちゃんを授かりたいと願うすべての方へ

2017年09月15日

④冷え性がつらい。

冷えは血液の流れにとっては、いい効果をもたらしません。身体の下の方にある足が冷えると、今度は骨盤内の血液循環が変わり、子宮や卵巣の状態にも影響が及ぶと考えられます。

本来夏は皮膚に近い血管が開いて、体熱を発散させるように自律神経が働くのですが、冷房で冷やされることで、血管が開く暇がなく、体熱を身体に溜めてしまい、熱中症にもなりやすい身体をつくってしまう、という悪循環も起こします。

夏の冷え対策としては、汗で濡れたままの下着や靴下は、気化熱で皮膚温を奪い、冷えを助長するので、着替えを持ち歩き、取り替えたいですね。また、基礎体温アップにも一日一回はお風呂で湯船に浸かり、毛細血管の隅々まで広げてあげて、全身の血流をよくしておきましょう。

さらに、自律神経の乱れを整える効果も期待される鍼灸(しんきゅう)治療がおすすめです。お灸や鍼でその方にとって必要なツボを刺激して、身体全体の気血のバランスをとり、冷えやほてりが起きないよう調整します。

今年の夏のような不順な天候では、自律神経は調整の落としどころが見つからず、右往左往して乱れやすいので、早めに対処したいものです。

お灸教室情報

秋に向けての体調管理 無料お灸教室開催!

2017年10月9日 13:00〜15:00

女性のための鍼灸治療室 ミキ・クーレ
〒230-0062 神奈川県横浜市鶴見区豊岡町17-19-304大倉ビル

最寄り駅:JR鶴見駅西口 徒歩1分
京急鶴見駅  徒歩5分
連絡先(申し込み):090-7172-9051
参加費:無料
定員:6名
冷たいものを食べすぎて疲れた胃腸も、お灸をしてスッキリ軽やかに!本格的な秋に向けて、しっかり体調を整えましょう。温かくて、からだにやさしいお灸です。ひじから先、膝から下が出せる服装でお越しください。