あなたの街のせんねん灸セルフケアサポーターを探す

大倉 美樹おおくら みき

女性特有のさまざまな症状;生理痛、生理不順、不妊、妊娠に伴うつわり・腰痛・むくみ・逆子、また更年期のさまざまな症状、五十肩、ギックリ腰など、女性ならだれでも経験するような悩みの改善のお手伝いをしています。

勤務先女性のための鍼灸治療室 miki cure(ミキクーレ) (じょせいのためのしんきゅうちりょうしつみきくーれ)
業務形態鍼灸・美容鍼
受付時間
定休日
勤務先住所 〒230-0062
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町17-19-304 大倉ビル3F
最寄駅R京浜東北線 鶴見駅
京浜急行線 京浜鶴見駅
勤務先電話番号090-7172-9051
Eメールアドレスmk-okura@titan.ocn.ne.jp
ホームページURLhttp://mikicure.web.fc2.com
ブログURLhttp://mikicure.hatenablog.com/
ソーシャルURL http://twitter.com/mikicure

NEWS

★赤ちゃんに飲ませるK2シロップとは?

2018年01月11日

先日、産後ケアのためにいらしている患者さんから、母子ともに一か月検診に行ってきましたとご報告いただきました。赤ちゃんにもお母さんにも特に問題はなく、K2シロップが出ました、とのこと。K2シロップって中身は何かしら?と聞かれました。

ケガなどで出血すると、血液が固まってかさぶたになりますが、この血液が固まって出血を止めるのも、血液の中に含まれる素材によるのです。その素材が作られるためには、必ずビタミンKが必要で、欠乏すると出血が止まらないということになります。発症するのは数少ないとのことですが、赤ちゃんでは頭蓋骨内で出血してしまうことがあるそうです。

そのため、出生後すぐや退院時、一か月検診の際に少量ずつ含ませることが、推奨されているわけです。万能な母乳ですが、胎児のときにビタミンKが胎盤を通りにくい性質があったり、母乳に含まれる量が少なかったり、赤ちゃんのまだ未熟な腸内での産生量が少ないなどの原因で欠乏することもあるとのことです。そのための予防措置としてのK2シロップなんですね。

京浜東北線鶴見駅西口 徒歩1分 女性のための鍼灸治療室 ミキ・クーレでは産前・産後のケアも行っています。

お灸教室情報

現在お灸教室の情報はありません。