場所
サポート方法
カテゴリー
開催日
場所
テーマ

はり・きゅう資生堂 今野接骨院はりきゅうしせいどう こんのせっこついん

  • せんねん灸セルフケアサポーター今野 弘務
    • 古川駅から徒歩15分
    • 宮城県大崎市古川幸町2-4-10
    • カテゴリー シニア/妊活/ランナー/肩こり/腰痛/ひざ痛/冷え/しびれ/目の疲れ/不眠/むくみ/不妊

    ・お問い合わせ0229-22-1321

  • スタッフ
  • 外観
  • 院内の様子

News1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせNews1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせ

  • 2019.09.14ランナーのセルフケア ~ひとめぼれマラソン~

    こんにちは ( ^o^)ノ

    私の地元では11月3日(文化の日)「ひとめぼれマラソン」が開催されます!

    近年、すごい勢いでランナーが増えておりますが

    日頃のケアを忘れずに!

    東洋医学的にみますと

    過度に走ることは「血」の消耗につながると言います

    とくに走り終わったあとにふらつきやめまい、貧血症状などを訴える方はご注意を!


    そんな方には、自宅での お灸のセルフケア をおすすめいたします

    男性の方は「太衝穴」

    女性の方は「三陰交穴」

    太衝穴は足で(グー・チョキ・パーの)パーを作ったときに足の甲に浮き上がる5本の腱があります。(5本確認しづらい方もいます。)その内、親指とそのとなりの2番目の指から出ている腱の間にあります。力を抜いた状態で触ってみて一番くぼむあたりが良いと思います。

    三陰交は図のように、内くるぶしの上から手をあてて、小指から人差し指までの4本分の高さにあり、骨のきわにあるツボです。

    おすすめですよ( ^o^)ノ

    お灸は1回やってもそんなに効果はありません。

    続けることに意味がありますので、是非、日頃のセルフケアにご活用ください

    それでは皆さん秋を楽しんで下さいね~♪♪

  • 2019.07.19安産灸セミナー 2019

    こんにちは ( ^o^)ノ

    副院長の弘務です。

    安産灸セミナー に行ってきました

    去年から知り合いの先生に誘われていて、去年引き続き、今年も参加してきました

    今回の講師の先生は、鍼灸師であり、助産師でもある 山野晴美先生 でした

    妊娠から出産までの基礎知識や母子手帳の活用法、マタニティライフの過ごし方、養生法など

    盛りだくさんの内容だったのですが

    私は残念ながら急用が入ってしまい途中で抜けてくることになってしまいました (>_<)

    とても残念……

    でも、産科の助産師さんの生の声を聴くことが出来て、とてもよかったです

    来年も是非参加したいです

    当院でも 不妊治療中の患者さま や つわりや逆子、お腹の張りなどでお困りの妊婦さんの治療を行っていますが、改めて基礎の重要性を感じさせられたセミナーでした (^_^)

  • 2019.06.07東洋医学の考え方 ~ 頭痛④ ~

    『東洋医学の考え方~頭痛~』第4弾!!

    今回は『気血両虚(きけつりょうきょ)』『腎虚(じんきょ)』による頭痛です。

    まず、 『気血両虚』

    このタイプの頭痛は、食欲がなく食事量が少なくなっている方、疲労がたまっている方、大きな病気をしている方、手術の経験者、産後など、これらが原因でおこる頭痛です

    めまい感や体のだるさ、食欲不振、やる気がでない、動悸などを伴ったりもします (>_<)

    次に『腎虚』

    腎虚による頭痛は、老化や疲労、体力の低下などに伴って起こる頭痛

    腰や膝のだるさ、耳鳴り、難聴、頻尿などの症状を伴います

    『気血両虚』にしても『腎虚』にしても

    共通するのは

    痛みの程度は強くはなく、鈍痛

    また、発病も急に起るものではなく、徐々に発症

    疲労により悪化するという特徴があります

    こういった症状がある方は、もちろん鍼灸治療がおすすめです

    その他、セルフケアとして

    「足三里」「太渓(たいけい)」せんねん灸 をするのも良いと思います (^_^)b

  • 2019.05.24東洋医学の考え方 ~ 頭痛③ ~

    今回は『東洋医学の考え方~頭痛~』第3弾!!

    ※、前回までの内容は、当院 HPブログ をご覧下さい!

    『瘀血(おけつ)』による頭痛をご紹介します!

    「瘀血」とは、 「血」の滞り・詰り・よどみ などを指す東洋医学の用語です

    つまり、血液の循環・代謝が悪くなっているイメージです

    重症例として、動脈硬化、高脂血症、心筋梗塞、脳梗塞、がんなど

    これらの病気がなくても、「瘀血」は形成されると考えられています。

    この「瘀血」は、骨折や脱臼、転倒や交通事故などによるケガ、手術の経験者、長期間の我慢のし過ぎ、長期間のストレス、偏食が習慣化している方、慢性的に大病を患っている方など、これらの原因によって形成されると考えられています

    この『瘀血』による頭痛の特徴ですが...

    慢性に固定性(頭痛する部位が一定)に刺されているような頭痛です

    その他に

    ズキズキと激しく痛む

    夜も痛い

    女性の場合、生理前に頭痛があり、月経血とともに血の塊が下がることによって頭痛が軽減するなどの症状がみられます

    このような頭痛がある方は、自宅でのセルフケアも大事ですが、合わせて鍼灸治療をおすすめいたします!

  • 2019.05.14スポーツ選手必見!! 最近のアイシング事情...

    捻挫や打撲、スポーツ後のケアや応急処置として行われる『アイシング』

    これまでは、足首を捻挫したのときや野球の練習後に肩や肘を冷やすなど一般的・常識的に行われてきた『アイシング』ですが...

    どうやら最近見直されて 、

    「冷やさない方がよい」という意見があるようです

    (・o・)

    当院と致しましては、以前から東洋医学の考え方をもとにその時々で対応させていただいております

    もちろん

    熱感や腫れがある部位を冷やすこともありますが...

    ときには 『 お灸 』をして症状を軽減させることもあります!

    その方の体質や体調、生活環境に合わせて、冷やすか冷やさないかを判断しております

    余談ですが、最近の中学生・高校生は部活などで捻挫をしても腫れない子が増えております

    これはどういうことなのか...?

    これは食生活や生活環境などの変化が大きく、今までの人と体質が変わってきているということであり、人間も進化といったら大げさかもしれませんが、変わってきているのだと思います

    もちろん、そういった腫れない捻挫は冷やしません!

    人はみんな体質が違います

    当院としては、そういった違いを見極めて最善の治療ができるよう、日々心がけております(+_+)

Profile 当院の基本情報Profile 当院の基本情報

鍼灸院名

はり・きゅう資生堂 今野接骨院

当院は開設から30年以上になります。鍼灸治療は東洋医学の考えに基づいた治療方法で様々な症状を改善していきます。自然治癒力を高めるため、根本的な原因を解消し身体に負担のかからない治療を行います。なお当院では昔ながらの鍼灸治療を行っており、それを現代人の身体に合わせて微調整しながら治療を進めていきます。痛いことを無理やりするようなことは一切ありませんので、少しでもご興味のある方は一度ご相談ください。

せんねん灸セルフケアサポーター

今野 弘務こんの ひろむ

 私は赤門鍼灸柔整専門学校で非常勤講師をしながら「はりきゅう資生堂 今野接骨院」で鍼灸をしております。

 当院の治療でもお灸はよく使います。お灸は心身の不調や体調管理にとても効果が高く、日々その素晴らしさを感じております。

 「せんねん灸」のセルフケアサポーターとして、お灸の使用方法や効果などの疑問を「お灸教室」などを通じてお答えしていきます。

当院のホームページやfacebookなどもご確認ください!!

鍼灸院名 はり・きゅう資生堂 今野接骨院
(はりきゅうしせいどう こんのせっこついん)
住所 〒989-6106  宮城県大崎市古川幸町2-4-10
アクセス 古川駅から徒歩15分
TEL 0229-22-1321
営業時間 8:30~18:30(土曜日は15:00までの受付となります。)
定休日 日曜、祝日
ご予約 0229-22-1321
施術内容 鍼灸治療、接骨治療
料金 鍼灸:大人3,300円(初診料1,080円)※、詳しくはホームページでご覧下さい。
カテゴリー シニア、妊活、ランナー、肩こり、腰痛、ひざ痛、冷え、しびれ、目の疲れ、不眠、むくみ、不妊
五十肩、偏頭痛、めまい、花粉症・耳鳴り・鼻づまり・生理痛・自律神経失調症・更年期障害など
こだわり 鍼灸治療は東洋医学の考えに基づいて診断や施術を行っていきます。特に症状だけに注目するのではなく、症状から「今、身体がどのような状態になっているのか」を推測し、身体のバランスの崩れを改善することで身体の状態を良くしていきます。なお、特に時間をかけてしっかりと検査と診察を行いますので、初回は1時間半〜2時間くらいの時間を見込んでいただければと思います。
ホームページ http://www.konno-shinkyu-sekkotsu.com
ブログ http://www.konno-shinkyu-sekkotsu.com/blog/case
SNS

Point 当院のこだわりPoint 当院のこだわり

Point 1『腰痛』でお悩みの方へ

当院では、慢性的な腰痛はもちろんですが、ギックリ腰などの急性腰痛の患者さまが多くいらっしゃいます。「腰痛」といっても腰椎椎間板ヘルニア・脊柱菅狭窄症・腰椎分離症・すべり症といった重大な病気が潜んでいる可能性があるため、まずはなぜ腰痛がおこっているのか、その原因を見極めます。その上で治療を行っていきますが、必要に応じて病院をご紹介させていただくこともあります。まずは、一度ご相談ください。

Point 2女性の治療

「生理痛・つわり・逆子」など、女性特有の症状・お悩みの改善に力を入れております。特にお勧めなのが鍼灸治療で、身体を本来の正常な状態に戻してあげることで自然治癒力を高めます。また、鍼灸治療は、「耳鳴り・めまい・頭痛・便秘・不眠」などの症状にも効果的です。お薬に頼りたくない方や東洋医学的なアプローチにご興味のある方は、ぜひ一度ご相談ください。

Point 3「冷え症」でお悩みの方へ

冷え症は、病気のはじまりのサインです。体のリズムが崩れているため、上半身と下半身の交流がうまくいっていないために起こります。とくに女性の方は、生理や妊娠・出産などがあるため、お腹や脚が冷えていてはいけません。また、冷え症に伴って頭痛や肩こり、のぼせなど上半身の症状がある方や、冷え症を気にしていない方でも足を触って冷たい方は注意が必要かもしれません。
当院では「温活」を推薦しています。

Point 4『肩こり』でお悩みの方へ

首や肩の周辺にある筋肉が固くなることで血流が悪くなり、老廃物がたまって「こり」の原因となります。慢性的な肩こりもその一つと考えられます。また、筋肉や骨の状態が悪くなることで神経が圧迫されると、吐き気・めまい・頭痛・手の痺れといった症状を引き起こすこともありますので、早めに治療を受けるようにしましょう。当院では、鍼灸治療によって全身の状態を調整し、効果的に痛みを軽減させる治療を行っています。

Point 5スポーツをされる方へ

スポーツをしていると、接触プレーや激しい動きなどによって足首を捻挫したり、ふくらはぎや太ももが肉離れになったりすることがあります。さらに、野球やテニスなど、上半身にも負荷が大きいスポーツをしている場合は、長期間の負担の蓄積によって肘や肩が故障してしまうことがあります。当院では接骨だけでなく、鍼灸治療も実施しており、「早く痛みを取りたい」「回復力を高めたい」という方には鍼灸治療をお勧めしています。