• せんねん灸セルフケアサポーター(鍼灸師)を探す
  • お灸教室を探す
  • せんねん灸セルフケアサポーター(鍼灸師)を探す
  • お灸教室を探す
場所
サポート方法
カテゴリー
開催日
場所
テーマ

本郷まこと治療院ほんごうまことちりょういん

  • せんねん灸セルフケアサポーター渡辺 真一
    • 【東京メトロ丸ノ内線】 本郷三丁目駅2番出口より徒歩3分
      【都営大江戸線】 本郷三丁目駅5番出口より徒歩3分
    • 東京都文京区本郷3丁目17-7太田U.Tビル6F
    • カテゴリー シニア/妊活/ビューティー/ランナー/肩こり/腰痛/ひざ痛/冷え/しびれ/目の疲れ/不眠/むくみ/不妊/美容

News1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせNews1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせ

  • 2022.06.29夏の「冷え」対策

    酷暑の夏が訪れました。冷房で体が極端に冷え過ぎると、肩こりや頭痛、食欲不振、めまいなどを起こします。外との急激な温度差で「冷房病」を招くこともあります。「冷え」は万病の元。血行が悪くなると必要な成分が届かず、老廃物が回収され難くなり、低体温で免疫力や代謝が低下します。

    「冷え」に対する対策は以下のとおりです。

    ①食生活を見直す・・・夏でも身体を温める食べ物を摂る

    ②お腹に夏用の腹巻・・・お腹を温めて全身に温かい血液を供給

    ③湯船に入って体温を上げる・・・夏でも湯船につかれば内臓の働きも活発になり代謝のアップに

    ④運動で筋肉量を増やす・・・筋肉量が多いとたくさんの熱が作れるため、体が冷えにくい

    ツボに灸・・・血行不良改善のツボに灸をして体を芯から温める

    ・湧泉:足の5本の指を曲げて中央にできるくぼみ。体のエネルギーの源

    ・三陰交:内踝の頂点から指4本上の高さ。消化吸収・水分代謝・生理機能を改善し「気・血」を改善

    ・足三里:ひざの皿の下指4本下の高さ。胃腸を初めとする内臓の不調に有効、全身の活力の源

    ・大鐘:内踝の下方を押した時できる弓状のしわのすぐ下。喉や腰の痛みを緩和する他、むくみを除去

  • 2022.03.29せんねん灸リーフレットのご紹介

    お灸という言葉は知っていても、さてどうやって使って良いかわからないことが多いものです。そんなお灸の入門リーフレットをご紹介します。また、簡便に使えて効果の高い、火を使わない世界初のお灸「太陽」の使用方法リーフレットについてもご紹介したいと思います。

    ・『おしえてお灸』

    ・『火を使わないお灸「太陽」のてびき』

    いずれも治療院の受付前の棚に置いてありますので、ご自由にお持ちください。

  • 2021.06.15火を使わないお灸『太陽』の院内販売です

    シールを剥がして貼り付けるだけでツボを温めてくれる、火を使わないお灸『太陽』の院内販売を始めました。

    『太陽』には、以下のような効能があります。

     ◎ 筋肉のこりをほぐし疲れを取る

     ◎ 血行をよくし疲れを早く回復する

     ◎ 胃腸の働きを活発にする

     ◎ 神経痛、筋肉痛の痛みを緩解する

    価格(税込): 600円/6個、1,100円/12個

  • 2021.03.16コロナ感染症と免疫(2)

    血行が良くなったり、体温が上昇したりすると、血液の中の免疫機能をつかさどる白血球が体のすみずみまで行きわたるようになり、免疫力を底上げすることができます。白血球は自律神経の働きと密接にかかわっており、白血球のバランス調整力が健康の維持に大きく影響していることがわかります。自分の健康状態・免疫力を上げておくこと。すなわち、身体の中からの感染予防が大事です!

    お灸は、昔から日本では民間療法としてその効果が広く知られています。今のお灸は、火が直接皮膚に当たらない、シールで簡単に皮膚に貼りつけるだけのお灸(台座灸)があります。ぜひお灸のセルフケアで、免疫力をつけていきましょう! 

    健康維持・養生・免疫力を高めるためのツボ「足三里(あしさんり)」・・・ひざのお皿のすぐ下、外側のくぼみに人さし指をおき、指幅4本そろえて小指があたっているところが足三里です。

    元気を補ってくれるツボ「関元(かんげん)」・・・指幅4本をそろえて人さし指をおへそにおき、指があたっているところが関元です。

    万能のツボ「合谷(ごうこく)」・・・親指と人さし指の骨がまじわったところから、やや人さし指よりのへこみが合谷です。

  • 2021.03.16コロナ感染症と免疫(1)

    連日、新型コロナウイルス(COVID-19)の報道が行われていますが、感染リスクを減らすためには、密集した場所や密閉空間、不特定多数の人との密接を避けるとともに、 外出から戻ったら石けんを使っての手洗いや消毒が重要です。さらには、これらの防御策に加え、ウイルスに負けないように体を健康な状態に保ちましょう。すなわち、免疫機能を正常に保つことが大切です。

    ウイルスなどの病原体が体内に入ってくると、最初は白血球のマクロファージによる「自然免疫」が働きますが、「自然免疫」を突破されると、今度は「獲得免疫」が働きます。これはリンパ球が強く働く免疫で、記憶から病原体を排除するための抗体を作り、病原体を追い払うものです。私たちの免疫の強さとは、自然免疫と獲得免疫の両方を合わせたものを指し、病原体の強さが、私たちの免疫の強さを上回ると感染症が起こります。

    免疫機能を高めるには、[1]運動をする、[2]体温を高める、[3]バランスのよい食事と、良い腸内環境を心がける、[4]過度のストレスに注意し、自律神経を整える等、があげられます。

Profile 当院の基本情報Profile 当院の基本情報

鍼灸院名

本郷まこと治療院

当院は、患者さんに「誠心誠意」心を込めて治療をさせていただくことを第一番目に掲げて「まこと」と名付けました。東洋医学は、広い範囲の疾患に対応しており、当院でも伝統的東洋医学の考えを中心にしながら、それらの治療に当たります。また、西洋医学的な手法も随時取り入れながら、患者さんお一人おひとりにとって最も効果的な治療を心がけてまいります。

せんねん灸セルフケアサポーター

渡辺 真一わたなべ しんいち

患者さんの症状や病名が同じでも、個々の患者さんに向き合うと微妙に異なることがわかります。真摯に目の前の患者さんの訴えを聞き、正確な状況を把握することが大変重要です。その場合に既成観念に囚われていると、間違った方向に行きかねません。常に自由な広い目で患者さんを見られるよう、常に探究心を旺盛に持ち、治療に当たりたいと思います。

鍼灸院名 本郷まこと治療院
(ほんごうまことちりょういん)
住所 〒113-0033  東京都文京区本郷3丁目17-7太田U.Tビル6F
Google マップで見る
アクセス 【東京メトロ丸ノ内線】 本郷三丁目駅2番出口より徒歩3分
【都営大江戸線】 本郷三丁目駅5番出口より徒歩3分
TEL 03-6801-6573
ご予約 03-6801-6573
フォームで予約
オリジナルサイトで予約
施術内容 鍼・灸・あん摩マッサージ指圧・整体
料金 鍼灸あん摩マッサージ指圧(60分) 5,500円 、初診料 2,000円
カテゴリー シニア、妊活、ビューティー、ランナー、肩こり、腰痛、ひざ痛、冷え、しびれ、目の疲れ、不眠、むくみ、不妊、美容
症状や時間に合わせ、関節運動法(AKA)・吸角・刺絡などを適宜取り入れた施術を行います
メールアドレス info@hongo-makoto.com
ホームページ https://www.hongo-makoto.com
ブログ https://www.hongo-makoto.com