場所
サポート方法
カテゴリー
開催日
場所
テーマ

長嶋鍼灸室ながしましんきゅうしつ

  • せんねん灸セルフケアサポーター長嶋 努
    • 武蔵嵐山駅 東口 10分
    • 埼玉県比企郡嵐山町むさし台1-8-9
    • カテゴリー シニア/妊活/ランナー/肩こり/腰痛/ひざ痛/冷え/しびれ/目の疲れ/不眠/むくみ/不妊

News1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせNews1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせ

  • 2019.12.09冬の寒さ

    昨今では「気温が上昇傾向にある」といわれ、冬も昔に比べて楽に感じる人もいます。しかし、暖冬は人体にとって本当に好ましいことなのでしょうか?

    東洋医学的に考えると、人体には五臓六腑があり、それぞれ重要な働きをしています。肝は血を蔵から出したりしまったりする作用、心は血の運搬作用、脾は消化吸収、肺は気を身体中に送る、腎は泌尿生殖作用となります。 

    このうち冬は腎に該当し、一年のうちでも大変重要な位置を占めています。腎とは、一言でいうと「生命源」を意味します。「生命源」とは人間が生まれる大元であり、父方の精子と母方の卵子の結合したものを意味します。つまり、人体が生まれる土台に当たるわけです。この腎精(先天の精)を土台として、人体が造られていきます。

    冬も同じことで、四季のうちで最も深いところに位置し、春・夏・秋の土台となります。つまり、冬を大元として春・夏・秋がつくられていくわけです。冬は寒く縮こまる季節であるため、動物は冬眠に入り、草木も枯れ果て、多くの生物は不活動期に入ります。外から見ると活動していないように見えても、実際には身体の内側で着々と活動の準備をしています。(つづく)

  • 2019.09.08秋は生命力が弱くなる?

    秋は後天の精が弱くなる季節です。後天の精とは、(無理やり西洋医学の枠の中に入れると)肺と消化器です。東洋医学では、肺と消化器をセットで考えることが多くあります(生薬の人参が帰経するのは、手足の太陰経)。

    秋の良くない部分が分かりやすくでるのは消化器の方で、飲食物を消化吸収→エネルギーに変える・・・の機能が低下するため、倦怠感が出たり、場合によっては病的状態に陥るケースも見受けられます。

    昔の人は「脚を使う運動をすると脾が胃をもむ」といい、脚を使う運動が消化器を活性化することを理解していました。また、秋は夏の暑さも和らぐため、「スポーツの秋」になるわけです。

    運動した後は食事がおいしく、消化吸収能力が向上→エネルギーの生産能力が向上→生命力の活性化・・・の方向へといきます。また、手の太陰肺経と足の太陰脾経はセットで動くため、肺の生命力も高まります。

    運動できない理由をつくることは簡単です。仕事に追われている人は、本当に運動できないかもしれません。しかし、運動できても、できない理由をつくっている人も多いものです。秋こそ、運動の習慣を身体に覚えこませる良いシーズンです。ぜひ、トライしてみましょう。

Profile 当院の基本情報Profile 当院の基本情報

鍼灸院名

長嶋鍼灸室

鍼灸専門です。即効性・実践性を徹底的に追及しています。

せんねん灸セルフケアサポーター

長嶋 努ながしま つとむ

即効性・実践性を目指して施術に当たっています。

鍼灸院名 長嶋鍼灸室
(ながしましんきゅうしつ)
住所 〒355-0216  埼玉県比企郡嵐山町むさし台1-8-9
Google マップで見る
アクセス 武蔵嵐山駅 東口 10分
TEL 090-6341-4567
営業時間 9:00~20:00(土日も営業中)
定休日 不定期に休業日あり
ご予約 090-6341-4567
フォームで予約
オリジナルサイトで予約
施術内容 鍼灸のみです。マッサージや整体などは行っておりません。
料金 5000円
カテゴリー シニア、妊活、ランナー、肩こり、腰痛、ひざ痛、冷え、しびれ、目の疲れ、不眠、むくみ、不妊
不妊・自律神経失調症など、西洋医学で改善しない症状でお困りの方はお来しください。
こだわり 鍼灸専門
メールアドレス jgtyn534@yahoo.co.jp
ホームページ https://seiritsusenmon.jp/
ブログ https://ameblo.jp/nagashima-shinkyushitsu/

Point 当院のこだわりPoint 当院のこだわり

Point 1返金制あり

効かない場合は返金いたします。