場所
サポート方法
カテゴリー
開催日
場所
テーマ

そら治療院そらちりょういん

News1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせNews1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせ

  • 2019.11.10ちりけの灸

    立冬も過ぎ、暦の上ではいよいよ冬になりました。風邪やインフルエンザの季節ですね。

    風邪をひいて首から上が重くて、肩がこり頭が痛くなってしまった時は風邪薬を飲むだけでなく、ちりけのツボにお灸をしましょう。

    ちりけは「身柱・しんちゅう」という背骨にあるツボです。首の付け根のところにあります。お灸で温めて1日でも早く風邪を治したいですね。

    風邪をひいてない時も、首の強張りに効果があります。首は冷やさないようにしましょう。

  • 2019.10.09お灸教室を開催しました

    秋が深まってきましたね。10月1日、伊那市でお灸教室を開催しました。11名の方にお集まりいただきありがとうございます。9名の方がお灸が初めてということでした。お灸の使い方を説明してから、一緒にお灸をツボに据えて温かさを実感してもらいました。

    みなさんからは「温まったた」「艾の香りもいいリラックスできる」などなどお灸を好きになって頂けたたようです。

    後日、参加して下さった方が「自宅でも主人にやってあげたら、体調が良くなって喜んでいました」とこれまた嬉しいお話をお聞きかせ下さりました。

    お灸は温かくて気持ちよくて、効果があるものです。セルフケアに取り入れて、健康で楽しい毎日に役立ててください。

    お灸教室やってますので、お問い合わせください。

  • 2019.09.07夏の疲れが秋にでる

    気温がまだ30℃を超える日もありますが、ずいぶんと涼しくなってきましたね。このところ、夏風邪をひいたという方が多いです。夏の間に胃腸が冷えたり、疲れたりして身体の抵抗力がよわくなり、少し気温が下がる頃体調を崩しやすいのです。

    お灸をして身体を温めて、回復力を高めましょう。

    お勧めのツボは、「労宮 ろうきゅう」と「尺沢 しゃくたく」

    です。

    【労宮】は疲れを癒し、喉の痛みを和らげます。

    (見つけ方 )手のひらにあります。手を握って、人差し指と中指が手のひらに当たる指の間。

    【尺沢】は呼吸器系の症状全般にに効果があります。

    (見つけ方)肘の内側ににあります。肘を曲げてシワの中央に腱が出ます。その腱の親指側(外側)のくぼみ。

  • 2019.08.15疲れ目にお灸

    書中見舞いもうしあげます。体調はいかがお過ごしですか?

    暑さで体力が無くなってきますと、目もかすんで来ます。そんな時にはお灸で血行をよくして目の周りの疲れも癒しましょう

    「曲地」 ひじを深く曲げるとできる横じわの外側のくぼみ

    「合谷」 手の甲にあって親指と、人差し指の骨の間。

    お灸をしている間に目を閉じて目を休めるとよいですね。目の奥の力を抜いてリラックスしてください。

    じんわり温かくなったら終了です。

  • 2019.07.02梅雨の冷え対策

    梅雨の季節は高温多湿ですね。冷たい飲み物やアイスクリームは体の熱を冷ましてくれるのでついつい多く摂ってしまいます。また、室内ではエアコンで通気調整していますが身体が冷える原因にもなります。

    身体の中に水分が多い事も冷えの原因の一つ。腎の機能を高めるツボにお灸をして身体を温かくしてさらに水分の巡りを良くして冷え性対策をしましょう。

    【照海(しょうかい)】

    内くるぶしから指一本分下のくぼみです。

    一回三個まで、お灸をして足のむくみもスッキリしますよ

Profile 当院の基本情報Profile 当院の基本情報

鍼灸院名

そら治療院

せんねん灸セルフケアサポーター

丸山 歩まるやま あゆみ

そら治療院の丸山 歩です。そら治療院は南信州にある女性専用の鍼灸院です。
お灸は温かくて、気持ちが良くて、身体にとても良い治療法です。冷え性はもちろんエイジングケアやストレスケアにも効果があります。
お灸でお悩みの解決を一緒に考えます。

鍼灸院名 そら治療院
(そらちりょういん)
住所 〒399-31053105  長野県下伊那郡高森町牛牧61-1
Google マップで見る
アクセス JR飯田線(天竜峡~辰野)飯田駅
TEL 090-5579-0908
営業時間 9:00~15:00
定休日 日曜日
ご予約 090-5579-0908
フォームで予約
オリジナルサイトで予約
メールアドレス kireinasora0308@gmail.com
ホームページ http://sora-chiryouin.jp
ブログ https://sora-chiryouin.jp