• せんねん灸セルフケアサポーター(鍼灸師)を探す
  • お灸教室を探す
  • せんねん灸セルフケアサポーター(鍼灸師)を探す
  • お灸教室を探す
場所
サポート方法
カテゴリー
開催日
場所
テーマ

りゅうはい堂鍼灸院りゅうはいどうしんきゅういん

  • せんねん灸セルフケアサポーター山下 侑慶
    • JR京浜東北線 関内駅北口から徒歩5分
      横浜市営地下鉄 関内駅9番出口から徒歩2分
      みなとみらい線 馬車道駅3、5番出口から徒歩5分
    • 神奈川県横浜市中区相生町4-69関内Hビル4階

News1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせNews1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせ

  • 2021.04.08お灸をする場所

    お灸は身体に良さそうなので

    『(個数を)おおくやる』

    『痛いところにやる』

    方が多いです。

    でもこれは

    『誤り』です。

    せんねん灸は

    プロのお灸とは異なります

    (プロのお灸=透熱灸:とうねつきゅう)

    なので

    使い方が重要です。

    (まぁどっちも重要なんですが(;^ω^))

    使い方を間違えると

    体調不良が起こりますので

    かならず専門家にご相談の上

    ご利用ください!

  • 2021.01.07春の準備

    春は四季の中で冬の後にあります。

    冬は陰陽でいうところの

    陰の陰、すなわち

    陰の一番極まった状態と言えます。

    陰が極まると陽となるという法則があります。

    すなわち陰から陽へ

    冬から春へと変化します。

    自然界をみてみますと、春は一番忙しい

    活力に満ちた、動きのある季節と言えます。

    桜の木を見てみてください。

    つぼみの準備をしていますが

    桜にとって、つぼみを作ることは

    非常に大きなエネルギーを要します。

    人間も同じで、冬から春の変化は

    体内で大きなエネルギーを要します。

    そのエネルギーは丹田からきますが

    言い換えると

    春はエネルギーが足りなくなりやすい時期とも言えます。

    丹田にお灸をして

    身体の芯まで温めるといいでしょう(^^♪

    その場合は台座灸ではなく、棒灸や太陽、世界といった

    商品がいいでしょう!

  • 2020.10.08足の指先の冷えは爪に『奇跡のハード!』

    奇跡のハードとは

    『せんねん灸の奇跡』という

    煙の出ないお灸(台座灸)を指し

    ハードとは『お灸の温熱の強さ』と表します。

    せんねん灸の奇跡には3種類の温熱があり

    ソフト、レギュラー、ハードとなります。

    ハードを足の爪の上に置き点火します。

    マニュキュアなどはないほうがいいです。

    また爪にお灸のヤニが付き、2ミリほどの

    茶色い跡が残ることがあります。

    よく患者さんから

    『(足の)指(趾)だけ冷たさが残る』

    と言われることがあります。

    これは指先は最も下半身の先にあり

    最も心臓から遠い場所になるため

    単純に考えても、血流は悪くなります。

    指先だけもんだりして、血流を促すのもよいのですが

    爪にお灸を置き点火すると効果もアップしそう?!

    また指先だけで足の冷えが取れない場合には、股関節以下の

    どこかに気血の渋滞がありますので、指先だけ施灸しても

    変わりにくい場合もあります!

  • 2020.07.08汗はお灸で止まる??

    湿気が増し

    汗をかく機会も増えてきました。

    患者様が、当院へお越しになった際に

    汗をかいています。

    その時に汗をかいたままにすれば冷えてしまいますので

    施術のため露出する部分に関しては、施術の前にタオルで

    汗を拭きますが、なかなか止まらない方がいます。

    こんな時にお灸がいいのです。

    温めると、汗が止まります。

    場所はお腹です。

    え?温めて汗が増えないの?と

    不思議思われる方が多くいますが

    実際に体験するとよくわかります。

    人体において

    汗は陽面に出ます。

    皮膚は内臓や骨と比較しますと陽面になります。

    皮膚に陽気が多いために汗が出て調和を取ろうとします。

    では陽面である皮膚に熱がある際に、その他部分はどうなるでしょうか。

    皮膚に対し、陰陽の関係で言うと骨や内臓が陰面ということになります。

    骨は至る所にありますが、多くの内臓は腹部にあります。

    その陰面のお腹を温めると、皮膚表面と内臓(内臓には熱は届きませんが^^;)の温度差が減りますので汗が不要になります。

    そうすると汗は止まります。

    この時のお灸は棒灸がよろしいでしょう。

    広い面を温めることができます。

  • 2020.03.29足の冷えは『膝のお皿』でとる!

    全部の冷えが取れるわけではありませんが

    (;^_^A

    膝のお皿の真上(直上)

    ほんとうにお皿の骨に置く感じで

    『せんねん灸・太陽』

    を置きます。

    お皿を触って

    冷たいとき

    または

    手で触らずとも

    冷たいように感じるとき

    貼ると効果が出ます。

    効果が出ない場合は

    お腹が冷えている

    または

    足のむくみ、コリがあり

    そちらを先に処置しないと

    いけない場合は

    お皿の太陽だけでは

    効果が薄いです。

    ご参考まで!

Profile 当院の基本情報Profile 当院の基本情報

鍼灸院名

りゅうはい堂鍼灸院

せんねん灸セルフケアサポーター

山下 侑慶やました ゆうけい

はじめまして!お灸を受けたことがありますか?お灸と言っても何種類もあり、やけどをしたり、ものすごく熱いお灸は数種類だけです。多くのお灸は熱く感じることは少なく、むしろ温かくて気持ちいいものです。
そして、お灸はご自身で行うことができます!驚くほど簡単で、数分でおわります。体の一部分が温熱刺激で変化すれば全身の血流がかわります。非常に簡単ですし、最初の一歩は私たちが責任をもってお手伝いいたします!

鍼灸院名 りゅうはい堂鍼灸院
(りゅうはいどうしんきゅういん)
住所 〒231-0014  神奈川県横浜市中区相生町4-69関内Hビル4階
Google マップで見る
アクセス JR京浜東北線 関内駅北口から徒歩5分
横浜市営地下鉄 関内駅9番出口から徒歩2分
みなとみらい線 馬車道駅3、5番出口から徒歩5分
TEL 080-6491-5673
営業時間 10:00-20:00
定休日 不定休です(ほぼ無休)
ご予約 080-6491-5673
フォームで予約
オリジナルサイトで予約
メールアドレス ryuhaido@gmail.com
ホームページ http://www.ryuhaido.com