• せんねん灸セルフケアサポーター(鍼灸師)を探す
  • お灸教室を探す
  • せんねん灸セルフケアサポーター(鍼灸師)を探す
  • お灸教室を探す
場所
サポート方法
カテゴリー
開催日
場所
テーマ

出張のみしゅっちょうのみ

News1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせNews1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせ

  • 2021.11.25新型コロナとお灸

    中国鍼灸学会は「COVID-19のための鍼灸介入ガイドライン」を作成し、以下のように述べています。

    「現代の臨床研究や実験研究では、鍼灸がヒトの免疫機能を調整し、抗炎症作用や抗感染作用を発揮することが示されている。鍼灸は伝染病の予防と治療に積極的な役割を果たしている。中国の鍼灸治療は突然現われたCOVID-19に直面して、予防とコントロールに積極的に参加し、良好な結果を得ている。」

    ガイドラインでは新型コロナの患者が自宅で行う灸治療として、以下のツボを挙げています。

    足三里、内関、合谷、気海、関元、三陰交

    いずれも自分で施灸しやすいセルフケアにぴったりのツボですね。

  • 2021.05.12免疫力アップには質の高い睡眠を

    愛知県にもさんどめの緊急事態宣言が発出されました。コロナの収束にはまだまだ時間がかかりそうですね。

    新型コロナウイルスに限ったことではありませんが、ウイルスの予防には免疫力を高めることが効果的だと言われています。

    そこで、就寝前に「快眠ツボ」へのお灸をオススメします。セルフケアしやすい「快眠ツボ」は手のひらの労宮と足の裏の失眠。就寝30分〜1時間前に、ゆったりした気持ちで行いましょう。

  • 2021.02.05お灸と免疫力

    体温が1度下がると免疫力は37%も低下し、体温が1度上がると5~6倍も免疫力が上がると言われています。昔から「冷えは万病の元」と言うように、体温が低いと病気に罹り易くなります。お灸を日々の養生に取り入れ、免疫力アップをはかりましょう。

  • 2020.07.19新型コロナウイルスとお灸

    もう数ヶ月前になりますが、中国・新華社のニュースに「新型コロナウイルスによる肺炎の流行で、主に中医学(中国の伝統医学)の技法である灸療法に使われてきたもぐさスティックの注文が急増し、中国の薬草医薬品メーカーは生産を加速している。」という記事が掲載されました。国家中医薬管理局のデータによると、中国では6万人以上の新型コロナウイルスの感染者の治療に中医学の薬や療法が利用されている(2020年2月時点)そうです。

    免疫力アップに効果があるとされる足三里、合谷はご自分でもお灸をすえやすい位置にあるツボですので、毎日のセルフケアでコロナウイルスに負けない体づくりを始めませんか。

  • 2020.01.08『養生訓』の教え

    明けましておめでとうございます。

    初詣でご自分やご家族が「健康で長生きしますように」と願った方、多いのではないでしょうか。江戸時代の本草学者、貝原益軒は『養生訓』の中で、次のように述べています。

    何事でも、勤めてやまないなら、必ず効果がある。

    もし、養生の術を勤めて学んでながく実行すれば、その効果として丈夫になり病気にならず、天寿を保ち長生きして、ながく楽しむことは定まっていよう。

    養生の術は、まず自分のからだをそこなう物を遠ざけることである。からだをそこなう物は、内欲と外邪とである。

    内欲をこらえて少なくし、外邪をおそれて防ぐのである。こうすれば元気をそこなわず、病気にならず天寿を保つだろう。

    養生の道は病気のない時に用心することにある。病気がおこってから薬を使ったり、鍼灸で病気を攻めたてるのは養生の末である。根本のことに努力しなければならぬ。

    病気になってから治療するのではなく、セルフケアで心と体を養生し、元気に天寿を全うしたいものです。

Profile 当院の基本情報Profile 当院の基本情報

鍼灸院名

出張のみ

せんねん灸セルフケアサポーター

谷口 道代たにぐち みちよ

自宅で誰でも手軽にできるお灸は、健康維持や体質改善のためのセルフケアにぴったり。私自身、お灸を始めてから冷え性が改善され、お灸の効果を実感しました。

ストレスの多い現代社会で何となく体の不調を感じている人は多いはず。「治未病」の精神とともに、お灸の良さを一人でも多くの方に広めていきたいと思っています。

鍼灸院名 出張のみ
(しゅっちょうのみ)
住所 愛知県
ご予約 フォームで予約
メールアドレス t.michiyo@me.com