あなたの街のせんねん灸セルフケアサポーターを探す

西條 信義にしじょう のぶよし

西山鍼灸院は創業明治三十四年の漢方専門西山薬局に併設された鍼灸治療院です。
カラダの外からはお灸、内側から漢方で地域の健康を支えて117年。

漢方薬に使用する生薬ヨモギを使った「お灸」は自然治癒力の底上げに貢献してくれる世界最古のセルフケア法です。
また、新潟はお灸の原料「ヨモギ」の生産日本一の地域です。
海に近くて湿度の高い新潟だからこそ「お灸」がよく効きます。アナタも体験してみてください♪

勤務先西山鍼灸院 (にしやましんきゅういん)
業務形態鍼灸治療、インディバ、不妊カウンセリング
受付時間11時~20時※時間外要相談
定休日日・祭・月(学会参加等で臨時休業あり)
勤務先住所 〒951-8067
新潟県新潟市中央区本町通4-221西山薬局内西山鍼灸院
最寄駅JR新潟駅からタクシーで5分
万代口附船町行バス「本町通五番町」バス停徒歩30秒
勤務先電話番号025-222-8375
Eメールアドレスacupuncture@kanpou-nishiyama.com
ホームページURLhttp://niigata-hari.com/
ブログURLhttp://ameblo.jp/indiba2480/
ソーシャルURL https://www.facebook.com/kanpou2480/

NEWS

二日酔いのメカニズムと予防

2018年12月06日

忘年会~クリスマス~年末年始と、これから楽しい飲み会が続きますね。
飲んだアルコールは胃から約20%、小腸から約80%が吸収。その後肝臓に運ばれて、酵素の働きでアセトアルデヒドに分解。

アセトアルデヒドは、さらにアセトアルデヒド脱水素酵素によって酢酸と水に分解されます。

最終的には水と二酸化炭素に分解されて汗や尿となって排泄。

「お酒が強い」というのは、アセトアルデヒド脱水素酵素の処理能力が高いということです。

但し、肝臓の分解能力には個人差があって限界もあります。

処理能力を超えて飲酒すると肝臓で処理しきれなかったアセトアルデヒドが血中に残り、頭痛や吐き気など二日酔いの症状が出ます。

二日酔い=処理能力を超えたお酒の摂りすぎということです。

二日酔いの予防方法は・・・

1番の予防方法は飲みすぎないことなのです。

ですが、それが難しい方も多いですよね。

個人差がありますが体内で分解されるアルコールは1時間に体重1㎏あたり100~200mg。

平均すると男性で1時間に9g、女性で1時間に6・5g程度。

ビール中瓶1本のアルコール量は約20gなので分解するのに男性で2時間、女性で3時間はかかります。

お灸教室情報

第51回妊活セミナー「お灸・食養生・漢方編」

2017年7月8日 14:00〜16:00

生涯学習センタークロスパルにいがた
〒951-8055 新潟県新潟市中央区礎町通3‐2086センタークロスパルにいがた

最寄り駅:JR新潟駅
連絡先(申し込み):0252228375
参加費:1500円
定員:12名
妊活中の方を対象に「子宝に良いせんねん灸」をレクチャー。不妊カウンセラーで鍼灸師の店主が51回目の妊活セミナー 「お灸・食養生・漢方編」を開催します。 ※お子様連れでのご参加はご遠慮ください

はじめてのお灸教室・冬の養生編

2017年12月6日 10:30〜12:00

西山薬局
〒951-8067 新潟県新潟市中央区本町通4-221西山薬局

最寄り駅:JR新潟駅
連絡先(申し込み):西山薬局
参加費:1500
定員:6
煙の出ない「せんねん灸の奇跡」を使って、冬の養生をはじめましょう。新潟特有の「底冷え」を解消するには東洋医学の知恵「お灸」がぴったりです。寒い冬を今年は楽に過ごせますよ♪