• せんねん灸セルフケアサポーター(鍼灸師)を探す
  • お灸教室を探す
  • せんねん灸セルフケアサポーター(鍼灸師)を探す
  • お灸教室を探す
場所
サポート方法
カテゴリー
開催日
場所
テーマ

けやごう鍼灸整骨院けやごうしんきゅうせいこついん

  • せんねん灸セルフケアサポーター栗木 勝也
    • 福岡県福岡市南区警弥郷2-14-3
    • カテゴリー シニア/妊活/ビューティー/ランナー/肩こり/腰痛/ひざ痛/冷え/しびれ/目の疲れ/不眠/むくみ/不妊/美容

News1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせNews1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせ

  • 2021.07.09梅雨明けの養生

    梅雨明けが近づき気温が上昇する「小暑」

    二十四節気の小暑、その名の通り、梅雨明けに伴って少しずつ暑さが増してくる時季です。

    よしずをかけたり、夏用の衣類を整えるなど、夏を快適に過ごすための準備期間ともいえます。

    昨年に引き続き、今年の夏もマスクが欠かせませんが、マスクをしていると口の渇きを忘れがちです。

    こまめに水分補給をして熱中症対策も心がけましょう。

    「早く寝ないといけないのに眠れない…」なんて経験、ありませんか?

    眠りは心身の疲れを解消して明日への活力を補う大切な要素です。

    そこでお灸での養生をご紹介したいと思います。

    お灸には自律神経調節機能や免疫を高める作用もありますので大変おすすめです指でOKぴかぴか (新しい)ぴかぴか (新しい)

    使用するツボは下記などが良いでしょう。

    ・足三里(あしさんり)

    …膝蓋骨(しつがいこつ)の外側のくぼみから指4本下がったところ。松尾芭蕉も愛した万能つぼ。主に消化器系を整える。

    ・湧泉(ゆうせん)

    …足の指を曲げたときにできる足底のくぼみ。元気が泉のように湧いてくるところ。

    お灸で健康に過ごしましょう!

  • 2021.04.05春の養生について

    春は三寒四温という不安定な気候で、自律神経のバランスが崩れやすくなります。

    東洋医学では、春は「肝」の季節です。「肝」は血液の調整や新陳代謝、精神や感情の機能調整などの働きがあります。

    ですので、春は精神と深いかかわりがある「肝」がダメージを受けやすいため、ほかの季節に比べてストレスが溜りやすく、不安を感じたり、イライラしたり、ちょっとのことで腹が立つ、やる気が出ない、落ち込むなど情緒不安定になりがちです。

    また、「肝」の経絡である目に影響が出て、目の充血、眼精疲労などの症状も現れやすくなります。春は『肝』を養い、気の巡りを良くして、 こころと身体のバランスを整えていきましょう。

    【おススメ食養生】

    ◆気のめぐりを良くさせる食材・・・香りの強い野菜や柑橘類

    セロリ 春菊 シソ ニラ 三つ葉 香菜など  カキ アサリ シジミ 陳皮 ミント 菊花     

    ◆気血を補い自律神経の働きを良くする食材

    豚や鳥のレバー ナツメ プルーン クコの実 竜眼肉 金針菜◆鎮静・睡眠作用のある食材

    ユリ根 蓮の実 金針菜 ラベンダー カモミールなど    

  • 2020.12.14冬の養生について

    こんにちは、今回は冬の過ごし方についてお知らせいたします。

    冬の3ヶ月間(立冬から立春の前日まで)は夜は早く寝て、朝遅くまで床にいて日が昇ったら起き、活動的になり過ぎない事。

    お酒を飲み過ぎて陽気や血のめぐりをより過剰にしすぎると反動で不足し冷えます。

    過剰な暖房や着過ぎにより汗まで出ないが陽気の発散を多くしてしまったり、運動やサウナなどで汗をかく事はやめましょう。

    また、お腹の中を温める様な飲食を心がけましょう。

    冬の養生が悪いと免疫力も低下し、ノロウイルスに負け嘔吐下痢を発症したり、冬中風邪をよくひくだけでなく、すぐに発病しなくても、春になって気候が暖かくなるにつれ木に葉や花が咲くように、身体の中の陽気も活動的になり手足を動かしたくなりますが、冬の間の閉蔵(陽気や血などエネルギーの貯え)が十分でないと、春に発動できなくなり手足がだるくなったり冷えたり、やる気が起こらなくなったりします。

    『冬の養生は春にも影響しますので、今日から注意しましょう。』

    セルフケアとしてお灸を使って、身体を温めるのもおすすです!

  • 2020.08.27鍼灸で風邪をひきやすい体質を改善

    東洋医学では風邪の症状として大きく二つに分けています。

    寒性タイプの風邪熱性タイプの風邪です。

    寒性タイプの風邪では、熱はほとんどなく、汗も出ない 鼻が詰まったり鼻水が多い。のどは痛がゆい感じ、手足の関節が痛む又はだるい、油こいものは食べられない、舌の表面には薄白い苔が見える。このタイ プの風邪は身体を暖めて、お灸を中心に治療します。

    熱性タイプの風邪では、汗がよく出ます。 熱があって、のどが痛み、頭が重い又は頭痛があります。 舌先は赤いが舌の苔は黄色っぽい。このタイプは鍼を中心に軽い刺激を与えて治療します。

    昔から「風邪は万病のもと」と言われますが、風邪により自己免疫力 が衰え、それが引き金となり、他の病気を併発したり持病が悪化するため、そのように言われるようになりました。

    風邪を引きやすい人と引きにくい人がいますが、体質の影響をうけるからです 。

    風邪に強いからだになるためには、体質を改善して、自己免疫力を高めることが重要です。

    鍼灸治療をお受けになったことのない方は風邪を引く前に、是非一度お受けになってみて下さい。

  • 2020.05.18梅雨の時期には、はり・きゅうがおススメ!

    梅雨になると湿気が多くなり、身体の不調を訴える方が増えてきます。

    例えば、

    身体の節々が痛い、むくみやすい!

    なんとなく全身がだる重い、、、などなど

    東洋医学では、湿気を外邪としてとらえています。外邪とは風、寒、暑、湿、燥、火で、天気などの外的要因により体に影響を及ぼすものの事です。

    湿気が多い時期には体の水分などの動きが悪くなりやすく不調が起きやすいのです。

    はり・きゅうを受けることで外邪のうちの一つである、『湿』の調整をしながら、バランスのとれた健康な身体づくりができます。

    梅雨の時期の辛い症状ならお気軽にご相談ください。

    けやごう鍼灸整骨院

    https://www.keyagouseikotsuin.net/

Profile 当院の基本情報Profile 当院の基本情報

鍼灸院名

けやごう鍼灸整骨院

鍼灸治療を中心に施術をしています。肩こり・腰痛・ひざ痛はもちろんのこと、慢性痛、スポーツ障害、スポーツコンディショニングが得意です。
鍼灸施術、美容鍼灸、産後の骨盤矯正、ピラティスなどをおひとりづづの状況と目標に合わせてご提供いたしております。

せんねん灸セルフケアサポーター

栗木 勝也くりき かつや

鍼灸治療を中心に施術をしています。肩こり・腰痛・ひざ痛はもちろんのこと、慢性痛、スポーツ障害、スポーツコンディショニングが得意です。

鍼灸院名 けやごう鍼灸整骨院
(けやごうしんきゅうせいこついん)
住所 〒811-1324  福岡県福岡市南区警弥郷2-14-3
TEL 092-585-5285
ご予約 092-585-5285
フォームで予約
オリジナルサイトで予約
施術内容 鍼灸治療
料金 初回4,900円 2回目4,400円 3回目3,900円 保険適用あり
カテゴリー シニア、妊活、ビューティー、ランナー、肩こり、腰痛、ひざ痛、冷え、しびれ、目の疲れ、不眠、むくみ、不妊、美容
メールアドレス katsu4982@yahoo.co.jp
ホームページ http://www.keyagouseikotsuin.net