場所
サポート方法
カテゴリー
開催日
場所
テーマ

はりきゅう治療院 暢寿堂はりきゅうちりょういんちょうじゅどう

News1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせNews1せんねん灸セルフケアサポーターからのおしらせ

  • 2019.10.20秋の到来

    秋の到来

    10月も終わりにさしかかりまさに紅葉本番の季節になりましたが皆さま体調はいかがでしょうか?今回は秋に起こりやすい不調と不調を解消する為のせんねん灸でできるセルフケアをお知らせしたいと思います。

    秋におこりやすい不調

    1.風邪

    暑い夏が終わって涼しくなると、よく風邪を引きます。この時期の風邪は、発熱がおさまっても咳や、下痢、食欲不振などがすっきりと治らず、長引くことがよくあります。これらは夏の過ごし方のツケが回ってきているのです。

    夏から秋にかけて冬の寒さに備える為、熱を発散する状態から熱をためる状態に変わっていかないといけませんが、夏に汗をかかずクーラーで身体を冷やしていると熱を溜める力が低下し、秋の急激な気温低下に対応できなくなってしまいます。そうするとからだを冷やしやすいので、風邪も引きやすくなります。

    秋口の風邪のを治すにはまず胄腸の冷えを解消することです。以下に胃腸を温め風邪に効果的なツボをお教えします。

    ・中脘   お臍より指3本分上

    ・天枢   お臍より指3本分横

    ・関元   お臍より指3本分下

    胃腸を温めることにより長引く秋風邪をなおしましょう!

  • 2019.07.17夏のセルフケア

    夏の主な身体のトラブルとせんねん灸

    ・食欲不振

    食物を消化吸収する臓器は『胃』ですが東洋医学では釜に例えられます。口から入った食物を釜で煮ることによって、身体を動かすエネルギー『気血』がつくられ全身を巡り生命活動していますが、あまりにも熱が強すぎると釜の空焚き状態になってしまい、釜の機能が落ち『気血』が作れなくなってしまいます。

    『気血』は身体を冷やす機能がありますので不足すると、更に身体は熱をもち釜の機能が落ちるというこの悪循環によって食欲不振に陥るのです。

    これを解消するには釜である『胃』の働きを良くして釜の機能をあげてあげる事が重要になってきます。

    以下に『胃』の働きを助けるツボを紹介しますので参考にして下さい。

    ・足三里    スネの外側、膝のお皿の下のくぼみから指4本分下

    ・中脘        お臍から正中線上に向かって指3本分上

  • 2019.04.17春のめまい

    皆さま、新しい年号も『令和』ときまり平成も残り僅かですがいかがお過ごしでしょうか?

    新年度になりあらたな生活スタイルの変化についていくのがキツく身体の疲れがどっとでる時期ですね。

    東洋医学では春という季節は万物が動きだす季節で『陽気』が盛んになります。『陽気』は上昇する性質をもともと持っており『陽気』が盛んになりすぎると頭に『気血』が集まりすぎて頭痛、めまい、鼻血などの症状が現れる事が多くなります。

    逆にいうとこの『陽気』が盛んになりすぎるのを抑えられれば、これらの症状の発症を抑える事ができるのです。

    そこで活躍するアイテムがお灸なのです。

    症状の出ている頭付近のツボは使用せず、『陽気』を下げる為下半身のツボを用います。

    使用するツボ(右きの図を参照)

    ●臨泣 足の小指と薬指の間、根本付近を指でおして痛いところ。左右チェックしてください。

    このツボにせんねん灸で熱さを感じるまでお灸をします。

    お灸を続ける事で上半身に集まり過ぎてる『陽気』を引き下げ上記の症状が軽減していきますので根気強く試してみて下さい。

Profile 当院の基本情報Profile 当院の基本情報

鍼灸院名

はりきゅう治療院 暢寿堂

来院される方の主なお悩みは首肩のこりや腰痛、膝痛、頭痛など、またなかなか子宝に恵まれない方への不妊治療を望む方がいらっしゃってます。鍼やお灸のネガティブな「痛い」「熱い」を感じさせないお身体に優しくなおかつ身体が楽になる鍼灸施術が当院の特徴です。また自分の身体は自分で管理したいと思っている方々の為に、定期的にせんねん灸を学ぶお灸教室も開催しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

せんねん灸セルフケアサポーター

松見 暢朗まつみ のぶあき

茨城県守谷市出身1978年5月生まれ。地元の高校を卒業し都内の大学へ入学
卒業後、一般企業に就職。順調に社会人として生活するも家族が病気で身体を壊すのをまじかに接し一念発起して鍼灸師になることを決意。免許取得後も陰陽太極鍼で有名な吉川先生や氣鍼医術の葛野玄庵先生のもとで研鑽を積み地元守谷市に鍼灸院を開業、現在にいたる。

鍼灸院名 はりきゅう治療院 暢寿堂
(はりきゅうちりょういんちょうじゅどう)
住所 〒302-0109  茨城県守谷市本町3200-1はりきゅう治療院 暢寿堂
Google マップで見る
アクセス つくばエクスプレス守谷駅徒歩20分
関東鉄道南守谷駅から徒歩10分
TEL 0297-44-5573
営業時間 09:30〜20:00(最終受付19:00)
定休日 毎週水曜日、不定休
ご予約 0297-44-5573
フォームで予約
オリジナルサイトで予約
施術内容 一般鍼灸治療(腰痛、肩こりなど) 不妊症の為の鍼灸治療 美容鍼灸 お灸教室
料金 一般鍼灸治療4500円から
カテゴリー シニア、妊活、ビューティー、肩こり、腰痛、ひざ痛、冷え、しびれ、目の疲れ、不妊、美容
こだわり 鍼治療やお灸治療にありがちな「痛い」、「熱い」を感じさせない施術で、なおかつ1回の施術で身体の変化を体感していただく事を重要視いたします。
メールアドレス acupuncture@hari-chojudou.com
ホームページ http://hari-chojudou.com